大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

老いても、若い血管へ。

健康常備学  Vol.97

健康常備学 Vol.96 脚気のない、活気ある夏に。

歳をとるにつれて増えるシミ、シワ、白髪・・・。見た目だけの老化だと思っていませんか?もしかしたら、体の中にある毛細血管の老化が原因かもしれません。毛細血管は、細胞に酸素や栄養素を届け、二酸化炭素や老廃物を回収するなど、大切な役割を担う器官。加齢にともなって、血管の弾力性が失われたり、詰まったりすると、管はあっても血液が流れにくい状態になり、血管の数の減少につながります。60代では、毛細血管が4割も減ってしまうというデータもあるほどです。

しかし、幸いなことに健康な毛細血管は増やせます。血流をアップさせることがポイントで、有酸素運動と下半身を中心とした筋トレの組み合わせが有効。筋肉細胞が酸素を求めるのに応じて、新しい毛細血管が生み出されるというわけです。おすすめなのが椅子を使った簡単なスクワット。背もたれをつかんで足を肩幅に開き、ゆっくり膝を90度まで曲げ、膝を伸ばしきる手前まで戻して、再び膝を曲げていきます。ご年配の方でも気軽にできる筋トレです。季節は運動の秋。敬老の日を機会に、毛細血管の若返りを図ってみませんか。

掲載年月 2018.09

一覧に戻る