大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

迷わず進めが迷う原因。

健康常備学  Vol.75

おでかけにいい季節ですね。
みなさん、前に来た場所なのに迷ってしまった…なんてことはありませんか。
いわゆる方向音痴。日本人の実に約4割が自覚しているそうです。
ところで、人は一度訪れた場所について頭の中に地図を描き、次回訪れる際に活かしています。その名も「認知地図」。この認知地図には、大きく二つのタイプがあります。ひとつは上空から見下ろしたような地図を頭に描くタイプ。大体の方向を把握しやすいことが特徴です。もうひとつは、道に立った目線の風景で地図を描くタイプ。曲がり角を一度間違うと、方向感覚の修正がきかず道に迷いやすくなります。さて、あなたはどちらのタイプですか。

方向音痴を自覚している方も、ご心配なく。一度来た道を迷わないために、まずは目印に注意を払うことです。要所にある店や看板などを覚えておきましょう。また、人は交差点が直角に交わっているものと思いがち。その認識のズレが、出発点と現在地の位置関係のズレにつながります。迷わないためには最初の一歩が肝心。出発前に地図の確認をお忘れなく。最後に、とっておきの方法を伝授しましょう。それは、早めに人に聞くということ。せっかくのいい季節です。出かけようかと迷うことなく、外出を存分にお楽しみください。


掲載年月 2012.5

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

一覧に戻る