大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

あなたの胸を熱くさせるもの。

健康常備学  Vol.55

まだまだ暑さが続きそうですね。
つい冷たい飲み物が欲しくなりますが、気をつけたいのが胸焼けです。
胸焼けは「逆流性食道炎」という病気がもたらす症状のひとつ。
食道と胃の境目の逆流防止機能が弱まり、主に胃酸が食道に逆流することで起こります。
炭酸飲料やアルコール類は、胃を圧迫して胃酸を逆流させやすいので、飲みすぎは要注意です。この「逆流性食道炎」、悪化すると食物が通りにくくなったり、咳がひどくなったりします。また、眠りが浅くなり不眠症状に陥る例も。「胸焼けは不健康のもと。」しっかり胸に刻んでおいてください。

胸焼け対策でまず注意したいのは、食生活です。胃酸の分泌を活発にする脂肪分や香辛料は、摂りすぎないようにしましょう。また、食後の姿勢にもご注意を。すぐ横にならず、食道を胃より高い位置に保つ姿勢で休みましょう。それでも胸焼けになったら、牛乳を飲むと効果的。逆流した胃酸を洗い流し、食道の粘膜を保護してくれます。また、食後にガムを噛むのもおすすめ。アルカリ性の唾液が、胃酸を中和して症状を和らげてくれますよ。食欲の秋はすぐそこ。胸を痛めている場合では、ありません。


掲載年月 2006.8

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

一覧に戻る