大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

血の気が引くお話。

健康常備学  Vol.53

今、不合格になる人が増えています。
と言っても、受験ではなく献血のお話。
血液中の鉄分不足が原因とみられる献血不合格者が、増加しているのです。
特に多いのは女性で、2003年には全国の献血希望者のうち、なんと約16%が献血できませんでした。鉄分不足は、健康の面でも不合格。全身に酸素を運ぶヘモグロビンが減り、「鉄欠乏性貧血」を引き起こすからです。ヘモグロビンの構成は、鉄を含む「ヘム」とタンパク質の「グロビン」。鉄分が不足すると、充分に酸素を運べなくなり、体が酸欠状態になるという訳です。

女性は、ただでさえ鉄分が不足しやすい体質です。無理なダイエットや偏食は避けましょう。鉄欠乏性貧血の予防に最も大切なのは、もちろん鉄分を摂ること。春の食材は予防にぴったりですよ。あさりや鰹、菜の花などで美味しく鉄分を補いましょう。また、ビタミンCは鉄分の吸収を高めるので、春キャベツやイチゴを一緒に食べると効果的です。反対に、タンニンを含む緑茶やコーヒーは鉄分の吸収を妨げるので、食事中は控えた方が良いでしょう。いよいよ春です。血気盛んな毎日を目指しませんか。


掲載年月 2006.3

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

一覧に戻る