大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

長寿サミットも沖縄です。

健康常備学  Vol.25

サミット。それは、頂上の意。
かの沖縄は、世界一の長寿地域とも言われています。
今回は、その沖縄に学ぶ長寿の秘訣をご紹介しましょう。
この地域には「隠居」にあたる言葉がなく、80歳、90歳の人が現役で働く姿をあちらこちらで見かけます。年をとっても変わらず仕事に携わり、生きがいや目的意識をもって体を動かす、これが骨や筋肉の、そして心の老化を遅らせているのです。都会の人に多く見られる運動不足の生活は、年齢にかかわらず全身の老化の原因に。実年齢と体力年齢は必ずしも比例しないということです。

また、健康長寿を育てるカギを握るのが、沖縄の伝統的な食習慣。医食同源の思想が根付くこの地域では、食を「ヌチグスイ(命の薬)」といいます。事実、独特の調理法はまさに理想的。例えば、豚肉はお湯でゆがいて余分な脂をぬく。緑黄色野菜、海藻、豆類をふんだんに取りまぜて料理する。食材のだし汁を上手に利用して塩分をおさえる、などなど。沖縄料理に見られる、高たんぱく質・低カロリー・低塩分。これが長寿メニューの鉄則でもあるのです。季節は、スポーツ&食欲の秋。適度の運動と食生活のひと工夫で、長寿への道をスタートしませんか。


掲載年月 2000.9

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

一覧に戻る