大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

腎臓の働きを調べるには

腎機能低下は、尿検査によるタンパク尿の有無、血液検査による血清クレアチニン値などにより判定されます。また慢性腎臓病の進行度は、GFR(糸球体濾過量)※によって判断します。GFRは性別、年齢、血清クレアチニン値から計算することができます。

※GFR(糸球体濾過量)とは

単位時間当たりに腎臓の糸球体により血漿が濾過される量のことを、GFR(糸球体濾過量)といいます。このGFRにより、腎機能の健常度がわかります。血清クレアチニン値をもとに糸球体濾過量を推定した「推算GFR(eGFR)」が一般に用いられます。

健康な人では、GFRは100㎖/分/1.73㎡前後です。60㎖/分/1.73㎡未満が持続していれば、腎機能の低下は明らかであり、慢性腎臓病と診断されます。末期慢性腎不全・透析の段階では、GFRは15㎖/分/1.73㎡未満まで低下してしまいます。

血清クレアチニン値、性別、年齢によってGFRを簡単に調べることができます。

ご自分の、またご家族のGFR値を知って、健康維持に役立てましょう。

クレアチニン値をチェックしましょう

血清クレアチニンとは、腎臓から尿に排泄される代表的な老廃物で、腎機能が低下するにつれ血液中に増えてきます。クレアチニンそのものは有害ではありませんが、その濃度は腎機能の健常度を表す目安になります。血清クレアチニンは血液検査で調べることができます。血清クレアチニンが分かれば、下記の早見表で、あなたの推算GFR(eGFR)と腎機能のステージが確認できます。

男女で差があるのは、クレアチニンの生産量が筋肉の量と相関しているからです。したがってクレアチニンの数値はその人の体格も考慮して判断しなくてはなりません。小柄の人は血清クレアチニン値が基準の範囲内であっても腎機能が低下している場合があります。

タンパク尿の有無もチェックしましょう

腎臓病の場合、尿に最も早く異常が出ます。中でもタンパク尿が最も重要なサインです。タンパク尿は、多くの場合、血液中を流れるタンパク質の一部が糸球体で濾過される際に漏れ出てしまうことから発生します。つまりタンパク尿があれば、糸球体の病気が存在すると考えることができます。

尿検査は薬品をしみ込ませたリボン状の試験紙を一定時間尿中に浸して、どのくらい変色するかで読み取ります。

CKDの重症度分類

CKDの重症度はその原因疾患(Cause)と腎機能(GFR)と尿蛋白量(albuminuria)のCGA分類によって評価します。血液検査でGFRを評価し、尿検査で尿蛋白量(糖尿病患者さんの場合にはアルブミン尿)を評価することで、CKDの患者さんが透析や心血管疾患(脳卒中や心筋梗塞など)にかかる危険度を知ることができます。緑色 < 黄色 < オレンジ色 < 赤色の順で危険度が高くなります。

CKDの重症度分類

次へ

前へ