大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

腎臓とは

腎臓は身体の大切な働きを担っています

高血圧と非常に密接に関係する臓器に腎臓があります。

腎臓は、背中側の腰骨の上のあたりに左右に1つずつ、計2つある握りこぶし大の臓器です。尿をつくりそれを体外に排泄する役割を果たしています。

腎臓は主に、血液を濾過して尿の元(原尿)をつくる糸球体と、原尿の中から必要な物質や水を再吸収する尿細管からできています。糸球体は毛細血管が毛玉のように集まった構造をしている組織で、大きさは0.1~0.2mmと非常に小さく、1つの腎臓に約100万個ほど存在しています。

腎臓に流れ込んだ大量の血液は糸球体で濾過されて尿の元(原尿)になり、長さ4~7cmの尿細管の細い管の中を通っていきます。尿細管では原尿の中からまだ使える必要な物質や水を再吸収して体に戻し、不要な老廃物を尿の中に捨てます。原尿のうちの約99%は体内に再吸収され、尿として体外に排出されるのは1%ほどです。

腎臓病になるとこの糸球体や尿細管が機能しなくなり、尿が健常につくられなくなってしまいます。

尿を作るしくみ

腎臓とは

体内の環境を整える働きがあります

腎臓が尿をつくって老廃物を排出することにより、体内の環境は最適な状態に整えられます。その働きは大きく次の4つに分類することができます。

  1. 塩分量(ナトリウムやカリウム)の調節
  2. 血液pH(酸性、アルカリ性)の調節
  3. タンパク代謝物(老廃物)の排泄
  4. ホルモンの産生

次へ

前へ