大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧予防-運動

日常生活の中でも体を動かしましょう

高血圧予防-運動

運動をすると、体内のホルモンや血液の量、交感神経系の働きなどが血圧を下げるように変化します。

高血圧対策として好ましい運動は、散歩やジョギング、サイクリング、水泳、テニス、ラジオ体操など、有酸素運動と呼ばれるものです。身体の中の糖分や脂肪分を、酸素を使って分解してエネルギーとして用いる運動で、たとえば1日30分の早歩きを3か月ほど継続すると血圧低下の効果が現れてきます。重量あげのような筋力トレーニングや短距離走のような無酸素運動はあまり適しません。またスポーツジムや屋外の運動ばかりでなく、駅の階段の上り下りや家の中の掃除など、日常生活のいろいろな場面で意識的に運動を取り入れる工夫をしてみましょう。

次へ

前へ