大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧予防-塩分①

塩分の摂取量に注意しましょう

高血圧予防-塩分①

高血圧と食事は密接な関係をもっています。食生活の中では特に塩分が重要で、塩分の摂取量が高いと血圧が上昇することは、昔から良く知られています。

現在、日本人1日あたりの平均塩分摂取量は11.2g(平成18年国民健康・栄養調査)で欧米に比べてかなり高い状態です。

塩分を減らすと血圧が下がるのは明らかなため、ガイドラインでは1日6g未満が推奨されています。

次へ

前へ