大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧の分類

高血圧の約90%は原因がはっきりしない本態性高血圧

高血圧の分類

高血圧には原因のはっきりしているものと、そうでないものがあります。高血圧の患者さんの約90%は原因が分からない高血圧で、本態性高血圧(本態性とは原因がわからないという意味)と呼ばれています。残りの10%は、原因となる病気があるもので、二次性高血圧と呼ばれています。

二次性高血圧の原因となる病気には、腎臓の病気(糸球体腎炎、糖尿病性腎症)や内分泌の異常(原発性アルドステロン症)などがあります。

二次性高血圧の場合には、原因となる病気の治療が大切です。

次へ

前へ