大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧とは

140/90㎜Hg以上が高血圧

血圧とは

血圧が高いということは、血管の壁に内側からかかる圧力が通常より大きいということで、血管の壁に悪い影響を与えることになり、いろいろな疾患の引き金になります。収縮期血圧が140㎜Hg以上、あるいは拡張期血圧が90㎜Hg以上が高血圧です。どちらか一方でも超えれば高血圧と診断されます。

拡張期血圧は正常で、収縮期血圧だけ高い人もいます。このような高血圧を(孤立性)収縮期高血圧といいます。また正常範囲内であっても、望ましい血圧(至適血圧)は120/80㎜Hg未満とされています。

次へ

前へ