大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

α遮断薬

血管の収縮を抑えて血圧を下げる

α遮断薬

交感神経系の伝達物質であるノルアドレナリンは、血管のα受容体と結合し血管を収縮させますが、その結合を遮断して、血管を拡張させ、血圧を下げるのがα遮断薬です。α受容体にはα1とα2とがありますが、その両方を遮断してしまうと血管の収縮は抑制できるものの、ノルアドレナリンが増えることがあることから、降圧薬としては、α1受容体遮断薬が使われています。このα1遮断薬は、降圧作用に加え、糖や脂質の代謝に良い影響があるとされています。

次へ

前へ