大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

利尿薬

塩分や水分を排泄させて血圧を下げる

利尿薬

血液中の水分が増えると血管を流れる血液の全体量が増えてしまうことから、血圧が上がります。従って、血圧を下げるには尿の出をよくして血液中の水分を減らす方法があります。それを行う薬剤が利尿薬です。現在、降圧に用いられる利尿薬は腎臓に働いてナトリウム(塩分)の排泄を促進し、尿量を増やします。ナトリウムには水を引き込む性質があるので、ナトリウムを排泄すると、血液中の過剰な水分が減っていくのです。

次へ

前へ