大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ACE阻害薬

血圧を上げる物質をつくらないようにして血圧を下げる

ACE阻害薬

血圧は身体の中のいろいろな仕組みによって調節されていますが、その中で大きい役割をもっているのがアンジオテンシンⅡという物質です。アンジオテンシンⅡには、血管を収縮させたり、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があり、血圧を上げる働きをしています。このアンジオテンシンⅡは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の作用を受けてアンジオテンシンⅠから作られますが、ACEを阻害すれば作られません。それがACE阻害薬の働きです。アンジオテンシンⅡが作られなければ、その結果、血管は拡がり、血圧が下がります。

次へ

前へ