大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

アンジオテンシンⅡの働きを抑えて血圧を下げる

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

ARB(エー・アール・ビー)とも呼ばれています。

アンジオテンシンⅡはその受容体に結合してはじめて血管を収縮させ、血圧を上げる作用を示します。つまり、受容体への結合を妨げれば、血圧が上がるという反応は起きないのです。ARBは、アンジオテンシンⅡが受容体に結合するのを妨げて、血管を拡張させ、血圧を下げる作用を示します。

ARBは腎障害や糖尿病性腎症にも有用であることが報告されています。

次へ

前へ