大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

初診時の高血圧管理計画

リスクの程度によって治療方針が異なる

初診時の高血圧管理計画

高血圧は、早期発見、早期治療が重要です。血圧が140/90mmHgより高く、家族歴、リスクがあれば対応が必要になります。

初診で血圧が高くても、日を変えて、何度か血圧を測定します。医師は家庭血圧の測定を指導し、白衣高血圧、白衣現象、仮面高血圧の有無、臓器障害、高血圧以外の合併する心血管病、危険因子の有無・程度を調べ、血圧を含めた患者さん全体としての心血管疾患発症リスクを評価して、治療方針を立てていきます。

次へ

前へ