大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

血圧の変化

血圧は心身の状態によって細かく変化している

血圧の変化

血圧は、基本的に昼が高く夜に低いというリズムを繰り返しますが、そのなかでも、身体の状態を敏感に反映して、細かく上下しています。たとえば、身体を動かして作業しているとき血圧は上がりますし、歩行、食事、性交などでも上昇します。逆に睡眠中などでは血圧は下がります。

肉体的活動だけでなく、精神的な興奮、悲しみ、ストレスや不安などでも血圧は変化します。また、寒さや暑さなど、身体の外側のいろいろな環境も血圧を変動させる要因になります。

次へ

前へ