大日本住友製薬
からだ・くらし・すこやかに

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

ドクターのご紹介

中国広島県廿日市市

3つの間欠跛行―神経性、血管性、脊髄性

広島県厚生農業協同組合連合会 JA広島総合病院
院長
藤本 吉範 先生

ドクターからのメッセージ

足の痛みやしびれのせいで長い距離を歩けない…、そんな症状に悩んでいませんか??

それは間欠跛行(かんけつはこう)といい、何らかの原因で神経が圧迫されたり、血管が詰まったりすることによって、しばらく歩くと足や腰に痛みやしびれが起こり、休み休みでなければ歩けない症状をいいます。

神経性間欠跛行

腰痛に悩む方が多い高齢者にとって、間欠跛行の原因として最も考えられるのは腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)(図1)です。これは、年をとることで腰部の背骨(腰椎)が変性し、神経を通す穴がせまくなることで、足や腰へとつながる神経やその周辺の血管を圧迫してしまい、そのために痛みやしびれといった症状が足腰にあらわれることをいいます。安静にしていれば症状はあらわれず、歩いているときに間欠跛行症状に見舞われても蹲踞(そんきょ)〈体を丸くしてしゃがんだ状態〉の姿勢をとれば、症状は改善し、再び歩けるようになります。
腰部脊柱管狭窄症には片足の痛みを主な症状とするタイプ(神経根型)としびれや違和感を主な症状とするタイプ(馬尾型)があり、牽引などの理学療法のほか、前者には鎮痛剤、後者には血流改善剤を中心に用います。後者で重症の場合は手術も検討しますが、改善しやすい痛みや間欠跛行症状に対し、しびれは完全に消失しないこともあります。しかし、高齢になることで脊柱管(せきちゅうかん)がせまくなる現象は珍しいものではなく、生活に影響がおよぶような症状があらわれない限りは「病気」ではありません。また、手術を受ける必要がある患者さんはごく少ない割合です。
腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行は神経が圧迫されることによる「神経性」のものですが、そのほかにも、血管がせまくなり血の流れが悪くなることによる「血管性」の間欠跛行、そして、まれではありますが脊髄周辺の血管などに生じた異常が原因である「脊髄性」の間欠跛行があります。

血管性間欠跛行

動脈硬化によって血管が硬く、せまくなることで足先への血の流れが悪くなり起こります(閉塞性動脈硬化症:図2)。コレステロールによって症状は進行し、高血圧や糖尿病、脳梗塞や心筋梗塞を合併している場合も多いので、生活習慣の改善が必要です。間欠跛行症状は「足のしびれや冷感」に続く2段階目の重症度であり、さらに重症化すると痛くて眠れなくなり、最終的には足が壊死することもあります。

脊髄性間欠跛行

脊髄の血管に奇形が生じ(脊髄血管奇形)、脊髄に血液が供給されなくなると、だるさ、脱力感などの症状があらわれ、飲酒や入浴で悪化します。また、肥満などが原因で、脊髄を包む膜の外に脂肪が大量に付着して神経が圧迫されている場合(硬膜外脂肪増殖症:図3)は、手術でその脂肪を取り去ると圧迫が解放され、症状が改善します。

間欠跛行症状は、広島の医療機関で行ったアンケートでも、医師が腰部脊柱管狭窄症と診断する根拠として挙げた症状のうち最も多く、患者さんも8割以上の方が生活を妨げている自覚症状として挙げています。放置すると手術でも改善しにくい状態まで進むこともあるので、思いあたる症状のある方は早めに受診しましょう。

病院名および診療科 広島県厚生農業協同組合連合会 JA広島総合病院
住所 〒738-8503 広島県廿日市市地御前1-3-3
電話番号 0829-36-3111
医師名 藤本 吉範 先生
ホームページ http://www.hirobyo.jp/外部リンク
治療責任者 福田 康彦(ふくだ やすひこ)
経歴 1968年 広島大学医学部卒
2009年より JA広島総合病院 勤務