大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

九州 福岡県 久留米市大橋町

下肢の違和感や間欠跛行(かんけつはこう)は
まず整形外科に相談しよう

なご整形外科
院長
名護 秀(なご まさる)先生

ドクターからのメッセージ

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の代表的な症状は
下肢痛、間欠跛行(かんけつはこう)

高齢者に多くみられる腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、下肢のしびれや痛みに加えて間欠跛行(かんけつはこう)が代表的な症状です。これは、歩いている途中で足が重く痛みが出て、一旦、しゃがみ込んで休まないと進めなくなる状態のことです。続けて歩ける距離が短くなってしまい「散歩もできなくて困っています」と訴えて受診する方もいます。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、脳からつながる神経の束(脊髄)が通る空間(脊柱管(せきちゅうかん))が骨や靱帯(じんたい)などの変形によって狭くなり、神経が圧迫されるために生じる疾患です。歳をとるにつれ、誰にでも起こる可能性がありますが、中には脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなっても症状が出ない方もいます。下肢のしびれや痛み・間欠跛行(かんけつはこう)を認めても歳のせいだから、仕方がないと思っている方もいるかもしれません。
またこれらの症状は年齢のせいだけとは言えません。若いころより激しい運動や仕事をしてきた方は、脊椎の変化が起こりやすく、30代、40代の方でも腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の手術をされている方もいます。激しい運動をしてきた人で気になる症状がある方は、早めに整形外科医に相談することをお勧めします。
仕事などで忙しくなかなか医療機関を受診する時間のない方は、腰下肢痛等の症状が悪化しても健康食品や代替医療等でなんとか症状を和らげようと努力される方もいますが、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、そのような代替医療等では改善は困難です。徐々に下肢の麻痺が出現し、歩行困難にて慌てて整形外科を受診するケースも珍しくありません。下肢の違和感や間欠跛行(かんけつはこう)に気づいたら、早めに整形外科医に相談されることをお勧めします。

治療法はだれでも同じではない
足腰の筋肉づくりが大事

患者さんの診察時に、前屈すると腰が痛い場合は腰椎椎間板(ついかんばん)疾患であるヘルニア等、後屈すると痛いのは腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)等と、おおよその予測がつくと言われています。また神経症状が出ていないか、レントゲンにおいて腰の骨の変化や骨折はないか等を確認します。その後、神経症状が出現している場合は、MRI検査を施行する事をお勧めします。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と診断がついた場合は、まず消炎鎮痛剤の使用を考慮し、血流を良くするプロスタグランジンE1(PGE1)製剤の服用が勧められます。血流が改善すれば、神経周辺の炎症が治まり症状が軽減するためです。痛みが強ければブロック注射を考慮することもあります。
痛みが落ち着いたら、足腰の筋肉が衰えないような運動を指導しています。
それでも症状や下肢筋力低下の改善を認めない場合は、手術を提案することもあります。その際、患者さんの希望する病院や、脊椎専門医のいる連携病院に紹介します。私たち整形外科専門医の役目として、手術を受けるタイミングを逃さないように助言する事は重要な事と考えます。
手術にて神経の圧迫を解いてあげれば痛みは改善し、歩ける距離も改善します。手術後もリハビリ、筋力トレーニングが重要ですので、患者さんが自分で毎日できる運動をお勧めします。
症状や生活の様式などは人それぞれ異なるため、誰でも同じ治療法でいいというわけではなく、その方に合わせて、いろいろな方法を選びます。

腰痛の原因はさまざま
それぞれ適切なアドバイスが必要

「このごろ足腰が弱って歩きづらくなり、外に出るのがおっくうになった」という方の中には、いつの間にか背骨(脊椎)の圧迫骨折を生じていることもあります。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)による圧迫骨折は、さらに脊柱管(せきちゅうかん)を狭くします。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、高齢者が気をつけなくてはいけない疾患のひとつですが、高齢者でなくとも様々な合併症にて骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を認める若い方もいます。今は新しい薬が何種類も出ていますので、定期的に骨密度検査を行い、早めの発見・程度を見極め予防・治療を行いましょう。
また腰痛の原因ががんの骨転移だったというケースもあります。さらに、慢性的な痛みの場合には、心理的な問題が隠れていることもあります。このように、腰痛の原因はさまざまなのです。まずは整形外科を受診して、適切なアドバイスを受けることをお勧めします。

病院名および診療科 なご整形外科
住所 〒839-0832 福岡県久留米市大橋町合楽534-1
電話番号 0942-47-1351
医師名 名護 秀(なご まさる)先生
ホームページ http://nago-clinic.com/外部リンク
治療責任者 名護 秀(なご まさる)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。