大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

中部 静岡県 富士宮市

痛くなってから治療をするのではなく
普段の生活の中で筋力アップのケアを

ないとう整形外科クリニック
院長
内藤 健一(ないとう けんいち)先生

ドクターからのメッセージ

腰痛の原因は年齢によってさまざま
間欠跛行(かんけつはこう)が特徴の腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛は、年齢を問わずだれでも一生に一度は経験すること。例えば、40~50代には、筋力が低下しているのにまだ若いと思い込んで動いた結果、急性腰椎症をおこすかもしれません。特に女性は、出産がきっかけで腰痛に見舞われる人が多く、その後の子育てにも腰を痛める誘因がたくさん潜んでいます。60~70代になると骨粗(こつそ)しょう症(しょう)による痛みや圧迫骨折が増えてきますし、もう少し高齢になると、変形性の脊椎症などが加わって、腰痛だけでなく下肢のしびれや痛みを症状とする腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の人も多くなります。
腰痛の原因は年齢によってもさまざまです。腰痛を訴えて整形外科を受診する患者さんには、いつから痛いのか、どんな痛みか、どんなときに痛いのか、じっとしていても痛いのかなどを丁寧に聞いて痛みの原因を探っていきます。
高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の代表的な症状は、間欠跛行(かんけつはこう)です。歩いていると下肢症状が強くなって、休み休みでないと長い距離を歩くことができない状態で、日常生活が不自由になります。間欠跛行(かんけつはこう)は動脈硬化でも起こりますから、きちんと検査をして鑑別をしなくてはいけません。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療は服薬から
手術を勧めるのは100人に1人程度

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、背骨の中の神経の通り道である脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなったために起こる症状です。加齢のために黄色靭帯(おうしょくじんたい)が肥厚して狭くなるだけでなく、腰椎がぐらぐらと不安定な状態になる腰椎の不安定性も、脊柱管(せきちゅうかん)が狭窄するファクターになります。また、若い時に過激なスポーツをして腰を痛めた経験がある人や、腰椎椎間板ヘルニアが完全に治っていないために、年齢を重ねていくうちに下肢の神経症状が強くなることも考えられます。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の最初の治療法は服薬です。血流を良くするプロスタグランジンE1(PGE1)製剤の内服を続けていくうちに、症状が改善して薬が不要になる人もたくさんいます。
痛みが強い人には、PGE1製剤の服用に加えてブロック注射を行うこともあります。それでも痛みが取れなかったり、続けて歩ける距離が短いために非常に困っている、あるいは直腸膀胱傷害や下肢の麻痺などの症状が出てきた場合には、手術を勧めています。とはいえ、手術が必要な人はごく一部です。
医師が勧めても、患者さん自身にその気がなければ手術にはなりません。逆に本人が、今のままではとても不自由で困るし、もっと長い距離を歩きたい、好きなゴルフも続けたいから手術してほしいなどと望むケースもあります。あくまでも患者さんの求める状態に近付くために、できるだけのサポートをしたいというのが医師の考え方です。下肢の痛みやしびれを我慢しすぎないで、つらいことややりたいことを正直に伝えることが、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療を成功させるポイントです。一緒に積極的に治療していきましょう。

姿勢を保ち腰痛を防ぐために
体幹の筋肉を鍛えることが大事

高齢になると、背中が極端に丸くなっている人がたくさんいます。骨粗(こつそ)しょう症(しょう)の悪化で丸くなるだけでなく、筋力の低下によって、姿勢が傾き(側弯症、後弯症)、脊椎が変形しているために腰痛が出ていることがあります。姿勢による腰痛を防ぐためにも、30、40代くらいから先を見据えて、体幹の筋力を鍛えておくことが大事です。
わざわざジムなどに通わなくても、仰向けに寝て膝を曲げ、おへそを覗き込むようにするだけでも、毎日続ければだいぶ違います。体幹の筋肉を鍛えることは、姿勢を保ち腰痛全体の予防になります。痛くなってから治療をするのではなく、普段の生活の中でケアをしていきましょう。

病院名および診療科 ないとう整形外科クリニック
住所 〒418-0026  静岡県富士宮市西小泉町31-6
電話番号 0544-28-1200
医師名 内藤 健一(ないとう けんいち)先生
ホームページ http://www.naito-seikei.com/外部リンク
治療責任者 内藤 健一(ないとう けんいち)先生
経歴 1994年 浜松医科大学 医学部卒業
2008年より ないとう整形外科クリニック 勤務

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。