大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

近畿 兵庫県 神戸市垂水区

足のしびれや違和感、歩行困難を感じたら
早めに整形外科に相談を

神戸掖済会病院
副院長 整形外科部長
藤本 眞弘(ふじもと まさひろ)先生

ドクターからのメッセージ

高齢者の腰痛に下肢の神経症状が加われば
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)かも

整形外科を訪れる患者さんの訴えで、圧倒的に多いのが腰痛です。腰痛の85%は原因が分からないものの、ほとんど自然に治るといわれていますが、中には軽く考えてはいけない疾患が隠れていることもあります。例えば、痛みの原因が解離性(かいりせい)大動脈りゅうだったり、あるいはがんの骨転移だったなどのケースも実際にあるのです。
高齢者の場合は、腰痛だけでなく足がしびれる、ちょっと歩いたら足が重く、つらくなって歩けないなどのさまざまな症状を訴えてきます。こういった症状の場合は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)が疑われます。もうひとつ見逃してはいけないのが、骨粗(こつそ)しょう症(しょう)です。気づかないうちに背骨の骨がつぶれていて(圧迫骨折)、痛みだけでなく下肢の麻痺が出てくることもありますし、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の原因の一つにもなります。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、加齢に伴って背骨の神経の通り道である脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなり、中を通る神経やその周りの血管を圧迫するために神経症状が出る変性疾患ですが、もともと脊柱管(せきちゅうかん)が狭いなど、ある程度かかりやすい素因もあるといわれています。

服薬と楽な姿勢で適度な運動を
手術も選択肢の一つ

患者さんが訴える症状や、その程度は人によってさまざまです。どんな時にどのような症状が出るから困っているのかを十分に聞いたうえで、私はいつも「どのくらい続けて歩けますか」と尋ねることにしています。途中で休まないと長い距離を歩けなくなる間欠跛行(かんけつはこう)が、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の特徴的な症状だからです。そして、レントゲンや必要な場合にはMRIを撮って重症度を確認します。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療の第一歩は、薬物療法です。血流が良くなる薬プロスタグランジンE1(PGE1)製剤や痛み止めを処方します。痛みが強ければ硬膜外ブロックも有効ですし、初期の段階なら服薬に加えて、生活の改善や運動でかなり症状を軽減できるでしょう。腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、前かがみになると痛みが軽くなるので、楽な姿勢で、体力に合わせた散歩や水中歩行などを勧めています。
それでも症状が進行していくこともあります。排尿排便障害や下肢の麻痺が出てきたら、手術を勧めています。手術をすれば痛みは取れ、歩ける距離は確実に延びます。切らずに症状とうまく付き合っていくか、手術を選ぶかは患者さんの希望によります。信頼できる専門医に納得がいくまで相談をしてください。

血糖値や血圧、肥満にも気をつけて
筋力が衰えないように適度な運動を

最近は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)に糖尿病や高血圧などを併せ持っている人がとても多いと感じています。動脈硬化や糖尿病があると血流が滞り、靱帯(じんたい)や椎間関節などの変性を促して脊柱管(せきちゅうかん)が狭窄する誘因にもなるし、足のしびれなどの違和感には、末梢神経障害といわれる重大な疾患が隠れていることもあるのです。
血糖値や血圧、肥満に気をつけることが、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防につながるように、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の症状の進行も防ぎます。普段からの節制と同時に、筋力が衰えないように適度な運動をも忘れないでください。歩きづらいからと動かないでいると、だんだん筋力が弱ってしまいます。自力で歩けない、寝たきりの状態になることだけは避けないといけません。足のしびれや違和感、歩行困難を感じたら、早めに整形外科に相談をして適切なアドバイスを受けてください。

病院名および診療科 神戸掖済会病院
住所 〒655-0004 兵庫県神戸市垂水区学が丘1-21-1
電話番号 078-781-7811
医師名 藤本 眞弘(ふじもと まさひろ)先生
ホームページ http://www.kobe-ekisaikai.or.jp/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。