大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

中国 広島県 福山市大門町

治療を成功させるコツは
コミュニケーションがとれた信頼関係

日本鋼管福山病院 リハビリテーション科/スポーツ整形外科
部長
髙原 康弘(たかはら やすひろ)先生

ドクターからのメッセージ

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は加齢変性のひとつ
足腰の違和感に気づいたら整形外科へ

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、背骨の中の脊柱管(せきちゅうかん)という空間が狭くなって、中を通る神経が圧迫されるために、足のしびれや痛みなどの症状が出る病気です。脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなるのは、骨が多少出っ張ってきたり、靱帯(じんたい)が肥厚したり、椎間板(ついかんばん)が少し後方に飛び出てしまうためですが、生まれつき狭い人もいます。それらのことがいくつか重なって、徐々に足の痛みやしびれが気になってくるのです。殿部から大腿部にかけて痛い、足が痛く重くなるために途中で休まないとそれ以上続けて歩くことができない、間欠跛行(かんけつはこう)といわれるのも代表的な症状です。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)はよくある疾患、加齢変性のひとつなので予防することはできませんが、必要以上に恐れることはありません。1〜2年かけて自然に軽快する人もたくさんいます。
足のしびれや痛みが、何か重大な病気の現れなのかどうかは専門家が判断します。症状や画像などの所見、下肢の筋力の度合いなどをきちんと検査して原因を見つけますから、違和感に気づいたらまず整形外科に相談してください。

服薬とリハビリ、体操やストレッチ
手術が必要なのは1〜2割

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療の基本は、血流を良くする薬、プロスタグランジンE1(PGE1)製剤の服用です。腰の神経の周辺の血流を良くして、症状を取り除きます。PGE1をしばらく続けて服薬をするうちに、症状が軽くなる人もたくさんいます。この病気は、何らかの原因で神経の周りに炎症が起こっているために、痛みが出ることが分かっています。痛みが強い場合には、痛み止めの薬をあわせて服用することもあります。
その上で、日常生活でのアドバイスをしています。腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の病初期は、痛くない姿勢で、毎日散歩をすることを勧めています。歩かないと、足の筋力はすぐに弱くなります。おなかに肉がついて腹筋が弱くなるのも、腰椎の前弯が強くなって神経を圧迫する原因になってしまいます。軽い体操やストレッチをしたり、意識しておなかにちょっと力を入れるだけでも筋肉の衰えを止めるものです。
服薬しながら、散歩や簡単な体操を続けていくうちに症状が軽くなってきて、病院に来なくなってしまう人もいますが、それでいいと思います。
間欠跛行(かんけつはこう)が強くてほとんど歩けなくなった、排便排尿障害が出てきたなどの場合には、手術を行うこともありますが、それも10人のうち1〜2人程度です。脊柱管(せきちゅうかん)の狭くなった部分を削って、神経への圧迫を除く手術です。痛みや間欠跛行(かんけつはこう)が取れて、楽しい毎日を過ごせるようになったと喜ばれています。

痛みはストレスでも強くなる
外に出て気分転換を

痛みはストレスによって、より強く感じることがあります。例えば、歩きづらいからと家に閉じこもりがちでいると、ますます痛みが気になりますが、外に出て人と話しているときはそんなことも忘れて楽になるでしょう。気分転換は、痛みや具合が悪いという落ち込んだ気持ちを軽くするのです。だから、できるだけ外に出て、精神的にも健康に過ごしてもらいたいと思います。
整形外科医には、困っているのはどういう症状で、どんなふうに治したいのか、例えば、どんどん歩けるようになりたいのか、痛みさえ取れればいいのかなどを何でもありのままに伝えてください。医師と患者が互いに信頼し合ってコミュニケーションがとれていれば、治療もうまくいくものです。

病院名および診療科 日本鋼管福山病院 リハビリテーション科/スポーツ整形外科
住所 〒721-0927 広島県福山市大門町津之下1844
電話番号 084-945-3106
医師名 髙原 康弘(たかはら やすひろ)先生
ホームページ http://www.nkfh.or.jp/外部リンク
治療責任者 整形外科部長・副院長 内田 陽一郎(うちだよういちろう)先生
経歴 1988年 愛媛大学 医学部卒業
1992年より 日本鋼管福山病院 勤務

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。