大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

中部 静岡県 掛川市菖蒲ヶ池

腰痛改善や腰痛予防のために
できる範囲の運動を毎日続けよう

中東遠総合医療センター
整形外科統括診療部長 脊椎・脊髄センター長
浦崎 哲哉(うらさき てつや)先生

ドクターからのメッセージ

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の典型的な症状は
下肢の痛みやしびれによる間欠跛行(かんけつはこう)

年齢を重ねるにつれ、椎間板(ついかんばん)という腰の軟骨が傷んできてクッションの役目が果たせなくなってきます。さらに、腹筋と背筋も弱ってくるので腰痛を起こしやすくなります。しかし、それだけでは下肢の痛みやしびれは出てきません。背骨の中の脊柱管(せきちゅうかん)という神経の通り道が加齢とともに徐々に狭くなって神経が圧迫され、神経に行く血流が悪くなるために下肢の痛みやしびれなどの症状が出てくるのです。
脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなるのは、椎間板(ついかんばん)が傷んできて本来のクッションの役割がなくなり、それを補うために後ろ側にある靭帯(じんたい)が分厚くなるためです。骨と骨がずれて起こるすべり症のために脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなる人もいます。
これが、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)です。特徴的なのが、安静にしていれば痛みはないけれど歩くと下肢がしびれたり、痛くなって足が前に出なくなり、でも、座って休むとまた歩けるようになる、間欠跛行(かんけつはこう)という症状です。腰を曲げていれば楽だが、まっすぐにすると歩けないと訴える方もいます。
間欠跛行(かんけつはこう)は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)に限らず、動脈硬化によって足の血管が詰まる閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)でも起こるので、整形外科で正しい診断をしてもらうことが大事です。

脊柱管(せきちゅうかん)を広げる手術は
神経が変性する前に受けよう

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療は、まずは保存的治療を行います。痛くならない範囲で運動療法を行いながら、血流をよくするプロスタグランジンE1(PGE1)製剤を内服します。腰を冷やさないことも大事です。神経の血流がよくなると症状が改善してきます。こうした保存的治療で改善せず、日常動作が制限されて生活に困るような場合は狭くなった脊柱管(せきちゅうかん)を広げる手術をします。
当センターでは整形外科と脳神経外科の脊椎外科医が連携し、合同で治療方針を決めて治療に当たっています。手術は顕微鏡手術を主体とし、背筋や椎間関節をできるだけ残す、患者さんにとってより負担が少ない安全性の高い手術をしています。
手術を成功させるポイントは、神経自体が変性してもとにもどらなくなる前に手術を行うことです。足の裏の感覚がおかしくなって、紙が一枚張り付いているような感じになる場合、かなり神経が障害されていて、手術後にしびれが残ってしまうことがあります。そうなる前に手術を受けることを勧めています。

運動で筋力低下を予防
深呼吸もおすすめ

高齢になると椎間板(ついかんばん)が傷み、腹筋や背筋が弱くなってくるのは仕方がないこと。しかし、足腰が痛いからとだんだん歩かなくなって家に閉じこもってしまうと、体力が落ちて気分もふさぎこんでしまうでしょう。無理のない程度の運動で筋力を落とさないようにすることが非常に大切です。運動することで血流が良くなるし、骨粗(こつそ)しょう症(しょう)の予防にもなります。ただし、足腰に症状がある場合は、自己判断せず、まずは整形外科を受診しましょう。
お年寄りにすすめたい運動は温水プールでの水中歩行ですが、ほかにもラジオ体操や腰痛体操、散歩など、自分ができる範囲の運動を毎日続けてください。家の中の安全な場所での片足立ちも、手軽で有効な運動療法の一つだと思います。
また、高齢になると自然に背中が丸くなり、呼吸機能が落ちてきます。それも歩けなくなる原因になりますから、「胸を開いて深呼吸しましょう」とアドバイスしています。胸を開くことで背中が伸びるので、姿勢もよくなります。

病院名および診療科 中東遠総合医療センター
住所 〒436-8555 静岡県掛川市菖蒲ヶ池1番地の1
電話番号 0537-21-5555
医師名 浦崎 哲哉(うらさき てつや)先生
ホームページ http://www.chutoen-hp.shizuoka.jp/外部リンク
治療責任者 浦崎 哲哉(うらさき てつや)先生
経歴 1989年 名古屋大学 医学部卒業
2013年より 中東遠総合医療センター 勤務

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。