大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 腰痛治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

中部 岐阜県 可児市帷子新町

患者さんの希望と症状に応じて
それぞれにアドバイスとサポートを

ぴくしぃ整形外科
院長
佐多 和仁(さた かずひと)先生

ドクターからのメッセージ

痛みの原因を探る
間欠跛行(かんけつはこう)を見逃さないで

腰痛の原因を探るヒントになるのが、いつからどういう症状が起きているのか、どういう動きをすると痛くなるのかなどです。久しぶりに運動をしたとか、尻もちをついたなど、痛くなった原因がわかっていればいいのですが、原因が思い当たらない、いつまでも治らない、だんだんひどくなる、夜中も痛いなどの場合には、我慢しないで整形外科に相談してください。
腰痛だけでなく、下肢のしびれや痛みが起こるために歩きづらいのも要注意です。歩行困難は、決して年齢のせいとは限りません。息が切れて歩けなくなるのは、内臓系の疾患によると思いますが、足のしびれや痛みがひどくなって、休み休みでないと目的地まで歩き続けられない間欠跛行(かんけつはこう)は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の典型的な症状です。あるいは、下肢の動脈硬化の場合も考えられます。前かがみになればラクに歩け、あるいは、自転車でならどこまでも進めるのは、脊柱管(せきちゅうかん)の狭窄が起こっている証拠です。動脈硬化の場合は、自転車でも歩行でも足が痛くなって進めなくなります。高齢になると、両方がオーバーラップしている人たちもたくさんいますから、足の血管の拍動を測ったり、上腕と下肢の血圧の差を調べるなどして鑑別を行います。また、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアを合併していると、前かがみの姿勢がかえって痛い場合もありますから、MRIなどの画像検査で確かめる必要もあります。

まず、服薬とリハビリで血流を良くする
症状に応じて、ブロック注射や手術も

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の治療は、痛み止めと血流改善の薬、プロスタグランジンE1(PGE1)製剤の服用が基本です。背骨の中の脊柱管(せきちゅうかん)が年齢とともに狭くなって、中を通っている神経の血行を妨げるために症状が出るのですから、血管を広げて血流を増やすことで続けて歩ける距離が延びるのです。初期や中等度の段階なら、服薬でずいぶん改善します。同時に、ホットパックなどで温めて血管を広げたり、超音波の振動を使って神経の血流を改善するリハビリで、調子が良くなる人もたくさんいます。寒い時に、カイロを当てるだけでも違うでしょう。痛みが取れない場合には、神経根ブロックも行います。
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)には、神経の真ん中の部分が抑えられているタイプ(正中型)と、横に枝分かれしているところが抑えられるタイプ(外側型)とがあります。主に片方の足に痛みが走る外側型は、ブロック治療が有効ですが、両足がしびれる、痛い、筋力が落ちるなどの正中型の場合は、ひどくなると膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)が出ることもあるので、早めに手術をしたほうがいいケースもあります。手術を嫌がる人が多いのですが、今は技術も進んでおり、身体に負担の少ない方法で行うこともできるので、怖がることはありません。

症状に気づいたら早めに相談を
治療しながら付き合っていく

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、日常生活の困り具合によって治療の組み合わせがそれぞれ違ってきます。あまり外に出ないから、10分歩ければ十分という人もいるし、ゴルフをしたいから連続して10分しか歩けないのは困るという人もいるわけです。患者さんは何に困っていて、どういう生活をしたいのかを遠慮なく伝えてください。いろいろなアドバイスとサポートが出来ると思います
年齢を重ねるごとにだれでも靭帯(じんたい)が厚くなってきますから、大なり小なり脊柱管(せきちゅうかん)は狭くなるものです。ひどい症状が出るかどうかは個人差があるのですが、予防するためには、太らないように、動脈硬化を進めないように、一般的な生活習慣病の注意もしながら、症状に気づいたら早めに治療を開始することを勧めます。定期的に整形外科医に通いながら、自分にあった治療を見つけていきましょう。

病院名および診療科 ぴくしぃ整形外科
住所 〒509-0266 可児市帷子新町二丁目115番地
電話番号 0574-65-0055
医師名 佐多 和仁(さた かずひと)先生
ホームページ http://www.pixyortho.com/外部リンク
治療責任者 佐多 和仁(さた かずひと)先生
経歴 1988年 名古屋市立大学医学部卒
2012年 ぴくしぃ整形外科 開局

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。