大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 消化管治療のポイント 先生が消化管についてやさしく解説しています。胸やけ、胃もたれ、便秘などそれぞれの症状にあわせてのアドバイスです。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

胸やけ

北海道 北海道 札幌市

のどが詰まった感じ、イガイガ感は、
咽喉頭酸逆流症の可能性あり。

とも耳鼻科クリニック
院長
新谷 朋子(しんたに ともこ)先生

ドクターからのメッセージ

咽喉頭異常感と胃食道逆流症の関係性

耳鼻咽喉科においては、しばしば「喉のあたりがイガイガする、痛い、詰まったもしくは引っ掛かったような感じ」と訴える患者さんが受診され、これを咽喉頭(いんこうとう)異常感といいます。そして近年、胃食道逆流症(GERD)の自覚症状の一つとして、この咽喉頭異常感を示す患者さんがいらっしゃることが指摘されています。

胃食道逆流症(GERD)は「胃内容物の食道内逆流によって起こる、胸やけなどのわずらわしい症状や合併症があるもの」とされていますが、特に耳鼻咽喉科領域に症状や合併症が起きている場合には咽喉頭酸逆流症と診断されます。つまり、胃食道逆流症(GERD)に伴う「胸やけがする」「すっぱい水が上がってくる感じ」などの典型的症状と言われるものの他に、前述の咽喉頭異常感や、声がれ(嗄声;させい)、のどの痛み、咳などの症状が起こるのです。ただし、患者さんによっては胸やけなどを全く訴えず、耳鼻咽喉科症状のみを示す患者さんもおられます。
最近、咽喉頭酸逆流症の患者さんは増加傾向にあり、30~50代の女性に多いと言われています。

問診でわかる咽喉頭酸逆流症

咽喉頭異常感を訴える患者さんでは、初めから「胸やけがします」という人はほとんどおられません。ですから診断は、まず積極的に詳しい問診を行います。

胸やけ、げっぷ、呑酸の有無を確認し、またコーヒーの多飲、食事内容、食後の習慣などを尋ねます。問診で「胸やけ・げっぷ」などの症状や食生活の乱れなど確認できれば、胃食道逆流症(GERD)の関与を強く疑います。診断には、短期間PPI(プロトンポンプインヒビター)という胃酸の分泌を抑える薬を投与し、症状が良くなるかどうかをみる「PPIテスト」を試みることもあります。
尚、咽喉頭異常感などの症状を訴えている場合、癌などの病気を見逃してはなりません。高齢者や、ご家族に癌の方がおられる患者さんに関しては、食道の内視鏡検査などが必須になります。

治療と留意点

治療は、まずPPI(プロトンポンプインヒビター)の投与を行います。咽喉頭酸逆流症のうち約60%がPPIの投与で改善すると考えられますが、残りの40%は単剤では改善しませんので、消化管運動機能改善薬を投与すると良いと考えます。この消化管運動機能改善薬には、食道の運動機能を改善させ、胃酸の逆流を防ぐ働きが報告されています。したがって、今までなかなか症状が取れなかった患者さんには、PPIと消化管運動機能改善薬の併用が有効だと思います。

そして患者さんには、喉の不快な症状が“胃酸などの逆流によって”起こっている、と認識していただくことが大切ですね。その上でこちらから、なぜ“胃酸を抑える”お薬を飲むのか、また、食生活や生活習慣の改善が治療の基本であることを説明することで、患者さんが自分の病気を受け入れやすくなると考えています。

食生活においては、
(1)食べ過ぎない
(2)油っこいもの、甘いものや刺激物(香辛料など)、コーヒー、アルコールなどを控える
(3)食べてすぐに横にならない

生活習慣としては、
(1)前かがみになる姿勢や、お腹をしめつけるベルトなどをしないようにする
(2)肥満や便秘に気をつける
(3)タバコを控える
などに気をつけると良いでしょう。

病院名および診療科 とも耳鼻科クリニック
住所 〒060-0061 札幌市中央区南1条西16丁目1-246 ANNEXレーベンビル2F
電話番号 011-616-2000
医師名 新谷 朋子(しんたに ともこ)先生
ホームページ http://www.tomo-ent.com/外部リンク
治療責任者 院長:新谷 朋子(しんたに ともこ)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。