大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 消化管治療のポイント 先生が消化管についてやさしく解説しています。胸やけ、胃もたれ、便秘などそれぞれの症状にあわせてのアドバイスです。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

胸やけ

関東 栃木県 佐野市

胸やけ、胃もたれ、さらに便秘。
そんな症状には消化管全体の機能改善を。

佐野厚生総合病院 消化器内科
部長
岡村 幸重(おかむら ゆきしげ)先生

ドクターからのメッセージ

胸やけの主な原因

胸やけの原因として様々な原因が考えられていますが(図)、このような胸やけや呑酸(口の中に酸っぱい感じがする)などを訴える代表的な病気として、胃食道逆流症(GERD:ガード)があります。

胃食道逆流症(GERD)は二種類に分けられ、食道の粘膜に炎症などの障害が認められる「逆流性食道炎」と、そのような粘膜障害がほとんど無い「非びらん性胃食道逆流症(NERD:ナード)」があります。

欧米では胃食道逆流症(GERD)患者のうち、約半数が非びらん性胃食道逆流症(NERD)であるといわれており、日本では、健康診断を受け「GERDの症状あり」と判定された人のうち、85.5%が実はNERDであったという報告があります。

胸やけと便秘

非びらん性胃食道逆流症(NERD)は、胃もたれ・胃の痛みなどがおこる機能性ディスペプシア(FD)や、腹痛や便秘などの症状が現れる過敏性腸症候群(IBS)とたびたび一緒に起こることが知られています。

これらの非びらん性胃食道逆流症(NERD)、機能性ディスペプシア(FD)、過敏性腸症候群(IBS)は、食道・胃・腸など消化管の運動異常が一因であると言われています。

実際、胸やけ患者さんに問診しますと、胸やけ以外に胃もたれ、便秘を訴えることが少なくありません。特に、食後に胃のもたれがある場合は、胃の運動不全の関与が考えられ、その多くが便秘症状を合併しています。

胸やけ症状の奥には、食道だけでなく胃・腸など消化管全体の機能の問題が潜んでいることが多いと考えられます。

どのような治療か?

現在、胸やけ症状に対しては、PPI(プロトンポンプインヒビター)という胃酸の分泌を抑える薬が第一選択薬とされています。PPIは、食道に炎症などの粘膜障害が認められる逆流性食道炎には90%という高い効果を示しますが、非びらん性胃食道逆流症(NERD)の患者さんには50%位しか効かないと言われています。非びらん性胃食道逆流症(NERD)患者さんでは、消化管の運動異常の可能性を考え、PPIとは違う作用を持つ薬を併用する必要があります。

一方、機能性便秘(腸には癌などの異常が見られず、腸の機能が低下することによって起こる便秘)を伴う胸やけ患者さんの場合、胸やけ・呑酸といった逆流症状の改善を一番に考えるのはもちろんですが、その上で、生活習慣に気を配るよう指導し、時には胃腸の運動機能を整える薬を処方して、排便を促すようにしています。

このように、胸やけだけを見るのではなく、胃もたれも便秘も、消化管全体を考えて治療することが大切だと考えています。

日常診療の場面から
~内視鏡検査のススメと生活習慣のチェック~

診療における私の印象では、便秘の患者さんの2~3割は胸やけを有しています。

また、ご高齢の方など背中の極端に曲がった患者さんではGERDの頻度が高いと考えられます。なぜなら、前かがみになっていることによってお腹が圧迫され、胃酸などの逆流が起こりやすい状態にあるからです。

問診の時には、患者さんの症状だけでなく嗜好(しこう)品や食習慣を確認することが重要だと考えています。理由は、高脂肪食・過度な飲酒・喫煙が、胸やけなどのGERD症状を引き起こし、悪化させるからです。

また、内視鏡検査はGERDやFDを診断する上で重要なだけでなく、食道癌や胃癌などの病気の有無を確認するためにも重要です。内視鏡検査を行って、重大な病気ではないことを確認することで、患者さんは安心して治療を受けられるようになります。

かつて経験したことのない初めての消化器症状を経験された方には、内視鏡検査をおすすめいたします。そして日常生活においては消化管の機能を正常に保つため、過度な飲酒、喫煙、不眠、運動不足などに注意し、規則正しい生活を送ることを心掛けましょう。

病院名および診療科 佐野厚生総合病院 消化器内科
住所 〒327-8511 佐野市堀米町1728
電話番号 0283-22-5222
医師名 岡村 幸重(おかむら ゆきしげ)先生
ホームページ http://jasanoko.or.jp/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。