大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 消化管治療のポイント 先生が消化管についてやさしく解説しています。胸やけ、胃もたれ、便秘などそれぞれの症状にあわせてのアドバイスです。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

胸やけ

中部 静岡県 伊東市

胸やけの原因と治療

医療法人社団やすらぎ会 山本医院
院長
山本 佳洋(やまもと よしひろ)先生

ドクターからのメッセージ

上腹部症状

胸やけ、胃もたれや胃痛など上腹部(おヘソより上側)を中心に不快な消化器症状を頻回に感じる方は少なくなく、日本人の30~40%の方が悩まされていると考えられています。また、多くの方は、複数の消化器症状を感じていることが多く、患者さんもご自分自身の消化器症状をキッチリと分けて表現することは難しいようです。このようなことから、上腹部の症状を胸やけ、胃痛、胃もたれ、悪心(気持ちが悪い)などと、あまり細かく分けずにみんなまとめて、ディスペプシアと総称しています。

逆流性食道炎の症状 胸やけと呑酸

欧米を中心として、食道粘膜にびらんや潰瘍などの傷害がある病気である逆流性食道炎が急激に増加したために、逆流性食道炎の研究が盛んにおこなわれるようになりました。その結果、ディスペプシアの中でも、胸やけや呑酸(逆流による苦味や酸味などの口中の不快感)が逆流性食道炎の典型的な消化器症状であることが明らかとなりました。現在では、胸やけや呑酸は逆流症状と呼ばれ、主に胃内容物(胃酸、食べた物など)が食道に逆流することで引き起こされると考えられています。

食道粘膜に病変がみえない、でも胸やけがある・・・

胸やけや呑酸などの逆流症状は逆流性食道炎の典型的な症状ですが、逆流症状を強く訴えていても、内視鏡検査で異常が見つからない(食道粘膜にびらんや潰瘍などが確認できない)患者さんがたくさんいることが分かりました。このような病態は“非びらん性胃食道逆流症”と呼ばれ、逆流症状を訴える方の60~80%が該当すると考えられています。しかし、この非びらん性胃食道逆流症は、内視鏡で異常が見つからないからと言って、逆流性食道炎より症状が軽いという訳ではなく、むしろ強く訴える患者さんもいらっしゃいます。また、原因としては、胃内容物の逆流だけでなく、さまざまな要因が複雑に関係している可能性があると言われています。

胸やけの治療

基本的な治療は胃酸分泌を抑制します。しかし、強力に胃酸分泌を抑制するお薬でも十分な効果がない場合もあります。一般に、逆流性食道炎による胸やけ・呑酸には、胃酸の分泌を強力に抑制するお薬が比較的よく効きます。一方、食道粘膜に傷害がない非びらん性胃食道逆流症では、胃酸の分泌を強力に抑制するお薬でも約50%~70%の方にしか十分な効果がありません。よって最近では、非びらん性胃食道逆流症の原因として、胃酸の逆流に加え、食道粘膜の(胃)酸に対する感受性が亢進していたり、食物の胃から十二指腸への移動が遅くなっていること(胃排出低下と言います)などが考えられています。そのため、胃酸分泌を抑制するお薬と胃排出を改善するお薬を一緒に服用することで、消化器症状が改善する場合があります。

隠れた胸やけ、胸やけに隠れた消化器症状をみつける

胸やけや呑酸を訴える患者のうち、強力に胃酸分泌を抑制するお薬で治療したにもかかわらず、十分な治療効果がなかった患者さんに胃腸の働きをよくするお薬を追加で服用していただいたところ、患者さんの消化器症状が改善した経験を多くもっています。

高齢の患者さんでは、胸やけがあっても症状を的確に表現出来なかったり、呑酸にしても長い間にそれが当たり前だと思うようになる方が多くいらっしゃいます。私は、そんな患者さんに対して「朝起きた時に口の中が、酸っぱくありませんか?」または、「苦くありませんか?」などと問いかけています。その結果、患者さんが気づいていない胸やけや呑酸が見つかり、治療をすることで不快な症状がなくなったと喜ばれた方もいらっしゃいます。

また、胸やけなどの症状に、胃もたれなどの胃の症状や、便秘などの腸の症状をあわせ持っていることもあります。消化管は一本の管ですので、胸やけがあれば便秘があっても不思議なことではありません。最もつらい消化器症状に隠れている他の消化器症状を探ることで、患者さんの治療に対する満足感を高めることができると考えています。

山本先生のメッセージ

胸やけや呑酸は当人にとって、つらい消化器症状です。胸やけや呑酸が週に1~2回発現する場合には医療機関の受診をお勧めします。そのときには、ご自分自身が何をしたとき、あるいはいつの時期に胸やけや呑酸などを感じることが多いのかなどを受診した医師に伝えることが重要となります。たとえば、「おなかいっぱい食べた後に胸やけがする」、「朝起きたときに口の中が苦いもしくは酸っぱい感じがする」、または「焼肉やおまんじゅうを食べた後に胸やけがする」などです。
快食・快便・睡眠を取り戻し、人生を楽しみましょう。

病院名および診療科 医療法人社団やすらぎ会 山本医院
住所 〒414-0001 静岡県伊東市宇佐美1981-12
電話番号 0557-47-5566
医師名 山本 佳洋(やまもと よしひろ)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。