大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 消化管治療のポイント 先生が消化管についてやさしく解説しています。胸やけ、胃もたれ、便秘などそれぞれの症状にあわせてのアドバイスです。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

便秘

北海道 北海道 小樽市

たかが便秘と自分で判断せず、
是非医師に相談しましょう
~それぞれの“快便”のために~

小樽掖済会病院
副院長 消化器病センター長
勝木 伸一(かつき しんいち)先生

ドクターからのメッセージ

便秘の診断 ~器質性?機能性?~

当院は消化器病を専門にしていますので、便秘を訴える患者さんがたくさん受診されます。
便秘の診断には、大腸内視鏡検査を行います。検査でがんやポリープ、憩室(けいしつ;小さな風船のような袋が消化管の外に飛び出していて、炎症を起こしているような状態)などが見つかれば“器質性便秘”であると診断します。また、糖尿病の患者さんは膵がん・大腸がん・胃がんを併発することがあり、便秘を訴える患者さんが非常に多いことが特徴です。

一方、検査で病変が見られない場合は、腸の働きに何らかの問題がある“機能性便秘”と診断します。

便秘の原因についてまとめますと、こちらのようになります。

機能性便秘に対する治療方針

機能性便秘の場合、受診された時に、問診等によってどういうタイプの便秘なのかを判断します。
患者さんの訴えをよく聞く事は、治療をする上で非常に大切なことです。

生活習慣の他、排便の回数や量、便の形状なども伺います。形状というのは、うさぎのフンみたいにポロポロしているとか、バナナ状などがありますね。それによって、便秘のタイプが分かることがありますので、その症状にあった治療をします。

例えば、ご本人は便秘だと言って病院に来られたのですが、詳しく聞いてみると、排便時に「すっきりと出た」という快感(=快便感)が無いことが不満なだけで、便は結構出ている方がいます。そういう方には、便の量を増やすような薬や、腸の運動を活発にする薬を少量処方すると、非常に快便感が得られやすいですね。

高齢の方はよく「若いころのような満足感のある排便ができない」とおっしゃいます。運動せずに家の中ばかりにじっとしていたら快便は難しいので、出来る範囲で生活習慣を変えてもらうよう指導しています。

それでも、どうしても出ない方には、刺激性下剤(大腸の粘膜などを刺激して排便を促す薬)を使います。
但し、下剤の量が増えていかないよう、患者さんの訴えをよく聞き、生活習慣の改善に気を配ることが大切だと考えています。

便秘で悩む方へのメッセージ

最近は、ドラックストアーなどで、簡単に便秘薬が手に入ります。
これらの薬は身近で手に入るので、薬剤師の指導のもと服用するのであれば、症状に苦しむ方にとって良い方法だと思います。

しかし、私が心配するのは、便秘は良くなってもその原因として何が潜んでいるか分からないということ、また自分の判断で下剤の量を増やしてしまう傾向があるということです。

便秘になったら、まずはご自分の食生活や運動など、生活習慣を見直してみましょう。

そして、むやみに下剤を飲まないで来院してください。
病院では、問診し、必要なら検査を行ってがんなどの異常がないことを確かめ、それで初めて薬を出せるのです。

“たかが便秘”と思わず、ぜひ医師に相談して下さい。

病院名および診療科 小樽掖済会病院
住所 〒047-0031 小樽市色内1丁目10-17
電話番号 0134-24-0325
医師名 勝木 伸一(かつき しんいち)先生
ホームページ http://www.otaru-ekisaikai.jp/外部リンク
治療責任者 副院長 消化器病センター長:勝木 伸一(かつき しんいち)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。