大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ パーキンソン病治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

佐賀県佐賀市

治療は長期戦――気負わず、あせらず、進めていきましょう

おそえがわ脳神経内科
院長
小副川 学(おそえがわ まなぶ)先生

ドクターからのメッセージ

地域にお住まいの患者さんにとって、より心強い存在になれるよう努めています

当院は、パーキンソン病に代表される神経難病に幅広く対応するとともに、頭痛外来・もの忘れ外来ではそれぞれの症状の原因を探り、適切な薬物療法やアドバイス・ケアを提供しています。また、佐賀大学医学部附属病院や佐賀県医療センター好生館といった近隣の基幹病院と連携し、肺炎などの急性疾患にも対応しています。九州大学や佐賀大学から定期的に神経内科専門医を迎えるなど、地域にお住まいの患者さんにとってより心強い存在になれるよう努めています。

当院で診療中のパーキンソン病患者さんは約200人に上ります。パーキンソン病の治療としては薬物療法とともに運動療法も欠かせません。当院では早期から積極的にリハビリテーションを実施しており、入院環境下の専門的なリハビリテーションプログラムも提供しています。

手足のふるえや身体の動かしづらさのほか、便秘や嗅覚低下がみられることも

パーキンソン病の好発年齢は50~60歳代です。代表的な症状として手足のふるえ(振戦)、筋肉のこわばり(筋強剛)、身体の動かしづらさ(無動・寡動)、バランスの取りづらさ(姿勢反射障害)などの運動症状があります。その他、睡眠障害や認知機能障害、あるいは自律神経の乱れを原因とする便秘や嗅覚低下、残尿感といった非運動症状が現れることもあります。

パーキンソン病の患者さんが最初に気付く異変としては手足のふるえや身体の動かしづらさが多いのですが、こうした症状で最初に神経内科以外の診療科を受診し、しばらく他の病気の治療が行われていたためにパーキンソン病と診断されるまでに時間を要してしまうケースがあります。運動症状に加えて、便秘や嗅覚低下などの自覚症状がみられる場合や、就寝中に叫んだり暴れたりするレム睡眠行動異常(睡眠障害の一種)を指摘された場合はパーキンソン病の可能性が高いですので、一度、神経内科にご相談ください。パーキンソン病においても、早期発見、早期治療が何より大切です。

薬の効きやすい“ハネムーン期”を過ぎたら「症状日誌」を付けて

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質のひとつであるドパミンの減少を原因とする病気です。自動車で例えると“エンジンオイル”の働きの低下によって走行機能が低下し、振動も生じるようになった状態です。エンジンオイルを交換することによって自動車をメンテナンスするのと同じように、パーキンソン病ではドパミンの働きを薬で補うドパミン補充療法を行います。脳内でドパミンと同じように働くL-ドパ合剤や、ドパミン受容体を刺激するドパミン受容体作動薬が、治療に用いられる中心的な薬剤です。その他、補助薬と呼ばれる種類の薬も数多くあります。これらの治療薬を患者さんの年齢や状態に合わせて組み合わせ、治療を進めていきます。

パーキンソン病の治療経過には、“ハネムーン期”と呼ばれる、薬が比較的効きやすい時期があります。治療開始からおよそ4~5年がこれに当たり、ハネムーン期を過ぎると薬の効果が不安定になりがちです。特に、1日の中で症状の変動が大きくなるウェアリング・オフという現象は、患者さんの生活の質(QOL)を低下させます。ウェアリング・オフが気になり始めたら、日々の症状の変化を記録する「症状日誌」を付けていただきたいと思います。当院では対象患者さんに冊子をお配りしています。日常生活の中でどの時間帯に症状が悪化しているかなど、症状の変動に関するくわしい情報を限られた診療時間で把握することは難しいため、症状日誌を見せていただくと薬の調整に役立ちます。

早期からのリハビリテーションに励んでください

パーキンソン病の治療は薬物療法と運動療法・リハビリテーションの両輪がそろって初めて成り立ちます。当院では先ごろ、米国で考案されたLSVT(Lee Silverman Voice Treatment) BIG®というパーキンソン病専用のリハビリテーションプログラムを導入しました。身体を大きく動かすことに主眼を置いた内容で、歩幅が狭くなるなど動作が小さくなりがちなパーキンソン病患者さんの運動症状の改善を目的としています。

LSVT BIG®では、認定セラピストの指導の下で約1カ月間の集中プログラムをこなし、ご自宅でも継続していただきます。私の印象では、早期からリハビリテーションを励行している患者さんの方が症状の進行が遅く、薬物療法も順調に進められています。ぜひ、早期からのリハビリテーションに励んでください。日常的にできる運動療法としては太極拳がおすすめです。パーキンソン病に対する運動療法としては、太極拳のようにゆっくりと体幹を回旋させる動作が効果的です。

パーキンソン病は進行性の病気です。少しずつではありますが、症状は進行します。その一方でパーキンソン病の治療選択肢は近年大きく広がりました。治療は20年、30年という長期戦になりますので、気負わず、あせらず、進めていきましょう。パーキンソン病に罹患したからといって、人生が終わるわけではありません。今までと同じように、これからも人生を楽しみましょう。私たちは患者さんを全力でサポートします。

病院名および診療科 おそえがわ脳神経内科
住所 〒840-0806 佐賀県佐賀市神園3-4-5
電話番号 0952-31-8181
医師名 小副川 学(おそえがわ まなぶ)先生
ホームページ http://osoegawa.esaga.jp/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。