大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ パーキンソン病治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

徳島県吉野川市

気持ちを明るく、軽やかに保つことが大切

独立行政法人国立病院機構 徳島病院
臨床研究部長
三ツ井 貴夫(みつい たかお)先生

ドクターからのメッセージ

「することが楽しくなる」に主眼を置いた、リハビリテーションメニューを提供

当院は徳島県の基幹病院として、主に神経難病の診療にあたっています。神経難病の代表ともいえるパーキンソン病に対しては、5週間の入院でリハビリテーションを行う「パーキンソン病専用リハビリコース」を2009年に開始しました。当院独自の「することが楽しくなる」ようなリハビリテーションメニューを提供しています。

当院のリハビリテーションの特徴について説明します。たとえば脳卒中のような急性疾患では、リハビリテーションは短期間集中的に行うことで、また、頑張れば頑張るほど効果が上がります。しかし、そのリハビリテーションは辛いものになります。これに対してパーキンソン病は、病気がなくなる訳ではありませんから、そのリハビリテーションも「短期集中型」という訳にはいきません。そもそも辛い運動は何年も続けることはできません。当院のリハビリテーションメニューには、楽しむことでモチベーションを上げ、ストレスなく、気持ちも身体も軽くしていただくことを目標にしています。これは「気持ちが軽くなると体も軽くなる」ような感覚です。

当院の「リハビリコース」の開始当初は主に軽症の患者様を対象としていました。その後、多くのご要望を受けて、高齢の方や重症度の高い方を対象に入院期間を2~3カ月に延長した、“じっくり型”のコースも開設しています。

このリハビリテーションは徳島病院で創出されたもので、開始当時は皆様に馴染みがなかったのですが、次第に口コミで広がり、今では県内外から多数の申し込みをいただいています。

病は気から?

私はパーキンソン病の患者さんに向けて、「症状は、気持ちに大きく左右されるものです」と、くり返しお話しています。当院のリハビリテーションがメンタル面を重視しているのもそのためです。リハビリテーションによって気持ちが明るく前向きになれば症状も軽くなり、ひいては薬の量や種類を減らすことができることも多いのです。

パーキンソン病の患者さんはまじめな方が多く、病気に関するいろいろな情報を熱心に集め、その結果、ストレスが増加し、かえって症状を悪化させることはよく見受けられます。

調子が悪い表情をしていると症状は悪くなっており、調子が良い表情をしていると症状は軽くなっていることを私は診療している時にいつも感じていました。暗い表情と、症状の悪化はあたかも「鶏と卵」の関係のようなものであると私は思います。そして実際、「笑顔」と「パーキンソン病の重症度」は密接な関係があることを私達は報告しています1)。病気になると気持ちがふさぐことは痛いほど分かります。けれども、そのような時にも笑顔になるような努力をすると、症状は必ず良くなることも心にとめていただきたいと思います。

笑う門には福来たる

パーキンソン病にとって薬やリハビリテーションは確かに有効です。しかし、これも御自身の気持ちで効果は変わります。ネガティブな気持ちでは治療で得られる効果も少ないのです。私はよく、「今日、何かいいことはありましたか?」と患者さんに尋ねます。多くの場合、ここが悪い、あそこも悪い、と否定的な答えが返ってきますが、私が「でも、今日はとても天気がよくて気持ちのいい日じゃないですか。それもいいことの1つに数えてはどうですか?」とお話しすると、「確かに、そうですね」と、はっと笑顔になる方がおられます。このような、ささやかなことでも笑顔になることはできます。そのささやかなことも、それが毎日積み重なると病気は随分良くなるものです。
これは、言葉で話すだけでは気休めのように聞こえるかも知れません。しかし実際に御自身で体験された方は「本当にそうだ」と話されます。それを体験する場が当院のリハビリテーション入院なのです。ただ、このことはリハビリテーション入院をしなくても、皆様は今すぐにでも御自宅で始めることができるのです。
「笑う門には福来たる」という古い諺は、日頃パーキンソン病の診療に従事している私にとってとても大切な言葉です。そして患者の皆様が少しでも症状が良くなり、ニッコリされることを願っています。


1)Acta Neurol Belg. 2012 Dec;112(4):413-4.

病院名および診療科 独立行政法人国立病院機構 徳島病院
住所 〒776-8585 徳島県吉野川市鴨島町敷地1354
電話番号 0883-24-2161
医師名 三ツ井 貴夫(みつい たかお)先生
ホームページ https://www.hosp.go.jp/~tokusimahosp-nho/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。