大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ パーキンソン病治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

福岡県久留米市

パーキンソン病の治療は長距離走 病気と競争する気持ちで目標に向かってください

音成神経内科・内科クリニック
院長
音成 龍司(ねしげ りゅうじ)先生

ドクターからのメッセージ

症状は年齢とともに進行するが、その速度はゆるやか

パーキンソン病は、脳のなかの黒質という部分が障害されて発症する病気です。黒質で作られるドパミンという神経伝達物質が減少し、手足のふるえや動きにくさ、歩行時のふらつき、転びやすさなどの運動症状が現れます。便秘や不眠などの非運動症状を経験される患者さんも多くおられます。これらの症状を「老化現象」と片づけてしまわないように注意してください。

年齢とともに進行する病気ですが、その速度はゆるやかです。患者さんには「急に進行することはありません。今後も、ゆるやかに進行していきます」とお伝えしています。

しかも、進行速度は治療によってよりゆるやかにすることが可能です。テレビで紹介された寝たきり患者さんの姿を見て、「発症したら、すぐにあのような状態になるのですか」と心配される患者さんもいらっしゃいます。「個人差はありますが、発症から約10年間は、ほぼ人の手を借りずに生活できますよ」とお答えしています。治療が進歩した現在では、患者さんの平均寿命も日本人の平均と大差がなくなっています。

「笑顔」「服薬」「リハビリテーション」が治療の三本柱

当院には1日20人、計約300人のパーキンソン病患者さんが通院されています。患者さんに接するとき、私がいつも心がけているのは、ネガティブ思考を少しでも取り除くことです。パーキンソン病の症状は気持ちに左右されやすく、日々ふさぎ込んでばかりいると、病気自体は進行していないにもかかわらず症状が悪く現れやすくなるためです。

患者さんは、自分だけが不幸を背負った気持ちになってしまいがちです。病気にかかったとき、これは当然の反応といえます。そうしたなかで前向きになるということは、決して簡単ではありません。しかし、いつまでもネガティブ思考でいると、余計に症状が現れるという悪循環に陥ってしまいます。私は、患者さんに少しでも笑顔になっていただきたいと考えながら、日々診療しています。パーキンソン病の治療でまず欠かせないのは、笑顔なのです。

笑顔に服薬とリハビリテーションを加えた3つが、治療の三本柱です。三本柱がそろわなければ、治療は思うように前進しません。当院の2階では毎月2回、リハビリテーション教室を開催しています。毎回約20人の方にご参加いただき、患者さんとご家族が主体となって1時間ほどのメニューに汗を流しています。自彊術(じきょうじゅつ)という健康体操やヨガなどを組み合わせて、楽しみながら身体を動かすことができるプログラムとしています。

誰でもできる、でも効果的な体操を収録したDVDを作成

より多くの患者さんに効果的なリハビリテーションを体験していただくため、『笑顔のパーキンソン病ラジオ体操』というDVDを作成しました。パーキンソン病特有の姿勢異常や運動異常を予防したり、進行を抑制したりするための体操を笑顔で歌いながら、毎日おこなってもらいます。各7分の3部構成で、1部は号令付き、2部は各体操の解説付き、3部は歌付きです。

DVDでは、私が臨床教授を務める久留米大学医学部の学生に、体操のモデルになってもらいました。誰でもできる、でもパーキンソン病に効果的な体操ばかりを集めています。毎朝笑顔で歌いながら励行することで身体の動きをスムーズにし、朗らかな気持ちで1日を過ごしていただけたらと思います。

困難はあるけれども、いつまでも明るく

パーキンソン病患者さんの心中は察するに余りあります。前向きさを求められても、なかなかなれるものではありません。それを承知したうえで、患者さんに訴えたいことがあります。病気と競争する気持ちになってほしい、ということです。残念ではありますが、病気は患者さんと一緒に走ります。患者さんが勝つかもしれないし、病気が勝利してしまうかもしれない。将来のことはわかりません。

しかし、わからないことに縛られ、競争せずに白旗を上げ、病気だからと何もしないのはよくありません。病気と競争してほしいのです。パーキンソン病の治療は、長距離走です。時に病気に抜かされてしまうかもしれませんが、抜き返すこともできます。あきらめず、目標に向かって競争してほしい。そう強く願っています。

病院名および診療科 音成神経内科・内科クリニック
住所  〒830-0023 福岡県久留米市中央町38-17
電話番号 094-236-6855
医師名 音成 龍司(ねしげ りゅうじ)先生
ホームページ http://www.geocities.jp/nynwq420/neshihptop.htm外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。