大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ パーキンソン病治療のポイント

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

兵庫県加西市

早期に発見し、治療を開始することが大切
気になることがあれば迷わず相談を

まえだ内科神経内科クリニック
前田 真伸(まえだ まさのぶ)先生

ドクターからのメッセージ

地域のニーズに応え、神経疾患のみならず生活習慣病から脳卒中まで幅広く診療

当クリニックは患者さん一人一人のトータル治療をしたいという思いで開業し、神経疾患を中心に高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病から脳卒中まで、総合内科専門医・神経内科専門医として幅広く診療しています。

来院される患者さんの比率は、神経疾患がメインの患者さんと内科疾患がメインの患者さんが半々です。神経疾患の患者さんには、時間をかけてじっくり診察するため、必要に応じて予約制の神経内科専門外来の時間にお越しいただています。また、認知症を早期に発見し、早期に対応するために「物忘れ外来」を設けています。

当クリニックでは、スタッフ一丸となって充実した治療を行うため看護師をはじめとするスタッフも日頃より勉強を重ねて、パーキンソン病や認知症などの神経疾患に関する知識を深めています。患者さん・ご家族が診察をお待ちの間にスタッフが心身の調子などを伺い、診察時に私と共有するようにしています。

また、診察の際、私は患者さんと向き合うことに専念し、カルテへのデータ入力などは隣にいる専門知識をもったスタッフが行うようにしています。神経疾患の診察では、患者さんのお話を伺うだけでなく、そのときの様子や身体の状態をよく観察することを大切にしています。

歩みが遅くなった、無表情になったなどの変化がパーキンソン病の兆候であることも

パーキンソン病に特徴的な症状は、手のふるえ(振戦)、筋肉のこわばり(筋強剛・筋固縮)、歩行や動作が遅くなる(寡動・無動)、姿勢が不安定になる(姿勢反射障害)という4つの運動症状です。しかし、これらの症状が現れる前にも、便秘、発汗異常、排尿障害、嗅覚障害などの非運動症状が現れることが注目されています。最近では、睡眠時に体が動き出してしまうレム睡眠行動異常症(RBD)や夜中に勝手に足が動いてしまうレストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)という症状にお悩みのパーキンソン病患者さんも経験しました。

こうした非運動症状だけが現れている時期にパーキンソン病と診断することは難しいのですが、できるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切であるという観点から、非運動症状がある方は経過を注意深く観察して、運動症状が少しでもみられ始めたらすぐに対処できるようにしています。

ご家族が最初に気づかれる症状としては振戦が最も多いのですが、私はご家族に「一緒に歩いていて、歩みが遅くなったと感じたことはありますか?」「喜怒哀楽の表現が乏しくなり、笑顔が少ない、あるいは無表情になったと感じたことはありますか?」といったことも伺っています。こうした変化がパーキンソン病の兆候であることは少なくありません。また、腰や足の痛みで整形外科にかかっている方が、実はパーキンソン病であったということもしばしばあります。パーキンソン病の初期の症状は他の病気の症状と見分けにくいため、気になることがあれば迷わず相談していただきたいと思います。

患者さんの年齢や職業、病気の進行状況に合わせて薬を選択・調整

パーキンソン病と診断されると不安な気持ちになってしまうと思いますが、現在はパーキンソン病の症状を改善できる薬がたくさんあります。自分に合った薬をのみ続けることによって、今までと同じ暮らしを続けていくことが期待できますので、前向きに治療に向き合うようにしてください。

パーキンソン病の治療薬は、患者さんの年齢や職業、病気の進行状況に合わせて選択・調整します。たとえば、移動手段として日常的に自動車を運転しなければならない患者さんには、眠気を生じさせる可能性がある薬の使用は避けます。また、治療薬の中心であるL-ドパ合剤を長期間服用していると、薬の効いている時間が短くなるウェアリング・オフと呼ばれる現象が生じやすくなりますが、その場合はL-ドパ合剤の量やのむ回数を調整したり、ウェアリング・オフ現象に対する効果が期待できる薬を併用したりすることによって対応します。

日常的に身体を動かすことが大切。悲観せず人生を楽しもう。

パーキンソン病の患者さんは、膝や腰などに整形外科的な大きな問題がなければ、日常的に身体を動かすことが大切です。ゲートボールなどに積極的に参加されるのもよいですし、外出する機会が少ない方には、室内でのリハビリテーションをお勧めしています。また、ご家族には「患者さんが自分でできることは、ご自身にしてもらうようにしてください」とお願いしています。悲観的にならず、人生を楽しもうという心構えでいることが、病気の経過にもよい影響をもたらします。当クリニックではスタッフ一同でパーキンソン病患者さんをサポートしますので、お困りのことがあれば遠慮なくご相談ください。

病院名および診療科 まえだ内科神経内科クリニック
住所 〒675-2424 兵庫県加西市野上町274
電話番号 0790-45-2050
医師名 前田 真伸(まえだ まさのぶ)先生
ホームページ http://maedaneurology.com/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。