大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 高血圧治療のポイント 先生が高血圧治療のポイントを、Q&A形式で分かりやすくお話します。 みなさまの日々の健康維持にお役立て下さい。実際にどのような治療を行うのか、日常生活では何に気をつければよいかなど、みなさまの疑問にお答えします。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

関東 群馬県 伊勢崎市

高血圧は症状がない病気です。したがって、血圧が高ければ症状に関係なく治療が必要です。患者さんの生活スタイルに合った生活改善・薬物治療を続け、血圧をコントロールするようにしましょう。

脳血管研究所 美原記念病院
院長
美原 盤先生

ドクターからのメッセージ

Q1. 最近、頭痛を感じることが多いのですが、高血圧が原因なのでしょうか。

最近は家庭用血圧計を所有する家庭も多くなり、血圧を測ることはみなさんにとって非常に身近な健康管理の手段となりました。このため、体調に何か不安を感じるとすぐに血圧を測ってみて値が高ければ、「もしかしてこの頭痛の原因は高血圧ではないか」などと心配して来院されるような患者さんも増えてきました。

これほど一般的に知られるようになった血圧ですが、まだ正しく理解されていないことの1つに「高血圧という病気には症状がない」ということが挙げられます。つまり、先ほどの例では、血圧が高いから頭痛という症状が出るのではなく、頭痛がするから血圧が高くなっているのです。これを、「血圧が高いから怒るのではなく、怒って興奮するから血圧が高くなる」、「美しい女性が目の前に現れてドキドキするから血圧が上がるのであって、血圧が上がるから目の前に美しい女性が現れるのではない」と言い換えると、血圧と症状の関係がわかりやすいかもしれません。

したがって、先ほどのような患者さんでは、頭痛などの症状を改善するために高血圧の治療が必要なのではなく、血圧が高ければ頭痛とは関係なく血圧を下げなければなりません。最近では、高血圧と脳卒中との強い関係がよく知られるようになり、高血圧の治療の意義が世間に広まってきました。しかしながら、いまだ多くの患者さんが「症状を感じていないから」という理由で高血圧を放置しているのが現状です。高血圧を治療しなければ動脈硬化を進展させ、やがて脳卒中のみならず、心臓病や腎臓病といった重大な病気につながっていきます。また最近では一部の認知症と高血圧との関連も明らかになってきています。生活習慣の改善や薬物治療を行って、血圧をコントロールすることはとても重要なことなのです。

Q2. 私は夜勤が多く生活が不規則なのですが、どのように治療に取り組めばよいでしょうか。

患者さんの生活背景はさまざまです。よって、生活習慣の改善や高血圧治療を行う際には、年齢や高血圧の程度、合併症の有無のほか、仕事や家庭環境、生活スタイルなどによって、その方法を変える必要があります。当院では、医師による診察のみならず、管理栄養士や運動に詳しい専門スタッフなどが協力し、チーム体制をとって、高血圧患者さんそれぞれにあった生活改善の方法や治療を指導しています。また、家庭で血圧測定や体重測定を習慣づけることも、生活習慣を改善する際には欠かせません。家庭血圧に関しては1日に2回くらいは測定するとよいでしょう。そのうち1回は起床して服薬するまでの間に測定してください。家庭血圧は、高血圧治療の開始や治療薬を決める際にも非常に役立つ指標です。測定した血圧は手帳やノートに記録し、診察時に持参するようにしましょう。

高血圧の薬物療法については、ご自身に合った方法で行うことが治療の継続につながります。たとえば夜勤が多く、生活が不規則な患者さんであれば、「朝1回、飲んでくださいと言われたが、私の場合は(昼夜逆転の生活なので)いつ飲めばいいんだろう?」と服用のタイミングについて迷うことがあるかもしれません。生活環境や仕事などの理由で現在の治療法を継続することが難しいと感じるようであれば、薬剤の変更や服用のタイミングについて医師からアドバイスを受けるようにしましょう。

Q3. 高血圧の薬物治療で気をつけることはどのようなことですか。

高血圧治療の目的は血圧を下げることですから、140/90mmHg未満への低下を目指して、しっかりと治療を続けることが大切です。血圧を測って高いときだけ薬を飲むという人を時々見かけますが、それではかえって体に負担がかかってしまいます。また、脳卒中の再発の最も大きな要因は、自己判断での服薬の中止だと言われています。降圧薬を含めて処方された薬剤は正しく服用し、血圧も持続的に低く保たなければなりません。もし、薬の錠数が多くて飲みにくい、仕事が忙しくて頻繁に病院に通えないなど、治療継続に困難を感じたら、そのことを医師に相談してみてください。

また、薬局で血圧の薬を受け取ると、一緒に薬の説明書をもらうと思います。そこには薬を飲んだときに現れる可能性のある副作用について細かく記載されています。患者さんのなかには、それらの副作用を怖れて薬を飲まなくなってしまう人もいるようです。もちろん、どんな薬剤にも何らかの副作用がありますが、そのリスクを過大に考えるべきではありません。まずは血圧を下げるために正しく服薬すること、何か異常を感じたら医師に相談することが大切です。また、副作用は、服薬を始めてからすぐに現れるものだけでなく、長く服用している薬でも急に現れるものがあるので、気をつけるようにしましょう。

Q4. 地域の高血圧患者さんにメッセージをお願いします。

当院は脳神経疾患の専門病院として、脳卒中などの脳神経疾患の予防、発症初期といった治療の入り口から、患者さんがリハビリテーションを経て在宅に戻るまで、一貫して治療にあたるということを使命としています。また、このような多岐にわたる治療を効率よく進めるためには、十分なマンパワーとそれぞれのスタッフの専門的な知識が必要とされます。このため、当院では管理栄養士などの専門職を含む十分な人員配置と、研修や研究活動を通じた知識の向上で、日々、よりよい診療につなげる努力をしています。

また、私たちは地域に医療を提供するだけでなく、健康や治療に関する情報提供や健康づくりの拠点として、地域に根ざした病院を目指しています。これからの時代は「病気にならないこと」がますます重要になっていきます。地域のみなさんと病院との距離を近づけ、それが病気の早期診断、早期治療のきっかけとなって、脳卒中などの重大な疾患を予防することにつながることが期待されているのです。

高血圧の治療は長期にわたりますが、その患者さんにあった治療薬が見つかれば、それほど頻繁に通院する必要もなくなります。患者さんが自分に合った方法でしっかりと服薬を継続しながら、毎日の生活を大切に過ごしてほしいと願っています。

病院名および診療科 脳血管研究所 美原記念病院
住所 群馬県伊勢崎市太田町366
電話番号 0270-24-3355
医師名 美原 盤先生
ホームページ http://mihara-ibbv.jp/hp/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。