大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ドクターからのメッセージ 高血圧治療のポイント 先生が高血圧治療のポイントを、Q&A形式で分かりやすくお話します。 みなさまの日々の健康維持にお役立て下さい。実際にどのような治療を行うのか、日常生活では何に気をつければよいかなど、みなさまの疑問にお答えします。

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

ドクターのご紹介

近畿 兵庫県 神戸市中央区

家庭血圧は高血圧の診断・治療に欠かせない指標です。自宅で眠っている家庭血圧計を活用し、高血圧の早期発見、よりよい治療へとつなげましょう。

神鋼記念病院 循環器内科
副院長
岩橋 正典先生

ドクターからのメッセージ

Q1. 病院で家庭血圧を測るように言われました。なぜ家庭での血圧値が必要なのですか

血圧は、緊張した状態で測ると高い値を示してしまいます。このため、正確な値を得るには安静を保ち、リラックスした状態で測定しなくてはなりません。しかし、多くの人は診察室に入ると緊張してしまい、安静な状態を保つことができません。したがって、自宅で毎日同じタイミングに安静な状態で測る家庭血圧は、診察室で測る血圧よりも患者さんの普段の血圧を正確に表していると考えられるため、家庭での血圧測定をお願いしているのです。

家庭血圧からは、将来、高血圧や糖尿病へ進展する可能性が高い白衣高血圧(家庭血圧よりも診察時の血圧が高くなる)や、心臓病のリスクが高い仮面高血圧(早朝や夜間の血圧が高くなる)の患者さんを見つけることができます。また、降圧薬が効いているか、あるいは効き過ぎたりしていないかといった「治療がうまくいっているかどうか」という点についても評価することができます。このように、血圧は診察や治療に欠かせない指標なのです。

家庭血圧の測定は、上腕式のカフ(空気で膨らむ腕帯)を使う血圧計で、1日2回、起床後1時間以内(排尿後、朝食・服薬の前)と就寝前に行います。手首式の血圧計を使う場合には、念のため診察時に持参し、精度を確認してもらいましょう。背もたれのついた椅子に座って1~2分間安静にしたあと、カフの位置が心臓の高さになるようにセットして2回測定し、その平均値を記録します。家庭血圧はできるだけ長期間、継続して測定し、測定した値は毎日記録するようにしてください。

Q2. 家庭血圧を測ると、時々、上の血圧が160mmHg以上になることがあるのですが、急いで受診したほうがよいでしょうか

家庭血圧の降圧目標値は、収縮期血圧(上の血圧)が135mmHg未満、拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg未満となっているので、その値を目指して治療を行います。もちろん、患者さんの年齢や合併症の有無によって目標値は少し変わってきますが、ほとんどの患者さんは家庭血圧を測定しながらこの目標値を目指して努力していくことになります。

生活習慣の改善や薬物治療がうまくいっていて、血圧も低く安定していた患者さんが、突然
160mmHgを超える高い値を見たときには驚いてしまうかもしれません。しかし、血圧はその日の体調や気分、気温などによって変化するため、状況によっては高い値になってしまう日もあります。もしも突発的に高い値を示したとしても、それは高血圧が急激に悪化したからとは考えられないことが多いのです。そうした場合でも慌てないで、毎日の家庭血圧測定を続けてみてください。病院受診の目安は150/90mmHgよりも高い状態が1~2週間続いたときです。この場合は、降圧薬の変更などを検討することがあります。

Q3. 生活習慣改善をうまく続けていくためのコツを教えてください

高血圧は生活習慣病の1つですから、生活習慣の改善はとても重要です。生活習慣を改善することで、10mmHg程度の血圧の低下は望めると思います。生活習慣の改善は、費用がかからず、薬剤のような副作用もありません。また、薬物治療を行っている人であれば薬剤の量を減らすことができるなど、たくさんのメリットがあります。

日常生活において食事面では減塩に気を配ります。塩分の多い食生活に慣れている人がいきなり厳しい塩分制限を行うと、かえって長続きしなくなってしまいます。まずはラーメンやうどんを食べるときには汁を残す、昆布や椎茸のだしをしっかりとって塩・しょうゆを減らす、焼き肉や揚げ物にはゆずやレモン、こしょうなど、風味のあるものを足して、ソースの量を減らす、といったところから始めてみましょう。時間をかけて薄味に慣れていくことが長続きさせるコツです。

運動は血圧を下げるだけでなく、体重や体脂肪の低下、血液中の脂質の値も改善するなど、多方面によい効果を及ぼすため、血圧の高い人には積極的に勧めています。ウォーキングやアクアサイズ(水中運動)、サイクリングといった、軽く汗ばむ程度の有酸素運動を1日30分以上、週5日以上継続するとともに、スクワットやダンベル運動といったレジスタンス運動、ストレッチ運動も補助的に組み合わせるとより効果的です。ウォーキングであれば1日8,000歩が目安になります。歩数計の数値を励みに目標達成を目指すのもよいでしょう。なお、運動は大切ですが、運動中は血圧が少し上昇します。そのため血圧がかなり高い人や高血圧の治療を受けている人、心筋梗塞など心臓疾患のある患者さんは、医師などの専門家の指導のもと、無理のないように行ってください。

Q4. 地域の高血圧患者さんにメッセージをお願いします

高血圧は、自覚症状がないために放置されがちです。しかし、高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれるように、患者さんが気付かないうちに進行し、やがて心筋梗塞や狭心症といった心臓疾患や脳卒中、慢性腎臓病などを引き起こします。一方で、現在、日本では4,000万台以上の家庭血圧計が稼働しており、高血圧患者さんの77%、非高血圧者の40%が家庭血圧計を所有しています。これは、ほぼ1世帯に1台の普及率です。家庭血圧計は家族で共用できるものですから、高血圧の早期発見や、よりよい治療のために、ぜひ活用していただきたいと思います。家庭血圧を測定して「血圧が高め」とわかったら、できるところから生活習慣の改善に取り組み、早めに医療機関を受診しましょう。

また、高血圧の薬物治療は継続することがとても大切です。なかには自己判断で服薬を中止し、心臓や血管などに不調をきたしてしまった患者さんもいらっしゃいます。たとえ薬物治療を始めた後でも、生活習慣の改善に積極的に取り組むことで薬剤を減らすことができる場合もあります。また、「忙しくてしばしば薬を飲むのを忘れる」「薬の種類や錠数が多くて飲めない」といった患者さんには、医師は患者さんの負担軽減のために服薬錠数や服薬回数を減らす工夫をしています。

薬の服薬に関しての疑問や悩みについては、必ず主治医に相談するようにしてください。

病院名および診療科 神鋼記念病院 循環器内科
住所 神戸市中央区脇浜町1丁目4-47
電話番号 078-261-6711
医師名 岩橋 正典先生
ホームページ http://www.shinkohp.or.jp/外部リンク

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。