大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

健康常備学

デキる人ほど 見直そう。

健康常備学  Vol.94

健康常備学 Vol.94 デキる人ほど 見直そう。

立冬も過ぎて、暦の上では早くも冬。意外にも乾燥の影響で「大人ニキビ」ができやすいことをご存じですか?ニキビの原因は皮脂の多さにあると思われがちですが、肌が乾燥していると毛穴がふさがりやすく、大人ニキビをまねくと言われています。また、ほお杖をつく、口をおさえるなどの、顔のさわり癖にもご注意を。手についたウイルスが体内に入ると風邪をひくように、雑菌が毛穴に入ると皮膚が感染して大人ニキビができてしまうというわけ。そして大人ニキビが赤く腫れてしまったときには、跡を残さないためにも病院での早めの治療が大切です。

大人ニキビの予防の基本は、毎日6時間以上の睡眠。休日にたっぷり寝ても、そのあと寝不足が続く、いわゆる“寝だめ”は、肌にも良くありません。さらに食事にも心配りを。甘いものや刺激物を控え、栄養バランスの良い和食中心の食事を心がけましょう。ビタミンを豊富に含む緑黄色野菜をしっかり摂ることで、肌の免疫力がアップするそうですよ。大人ニキビ、それは体からのSOS。単なる肌荒れと軽く考えず、毎日の習慣を体の外からも中からも見直してみませんか。

掲載年月 2017.11

一覧に戻る