大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

なるほど!おくすり飲み方ガイド 「こんな症状には気をつけて くすりの副作用」

副作用で被害にあったときには

万が一、くすりの副作用で治療が必要になった場合には、公的な制度を利用することができます。

くすりの副作用で治療が必要になった場合は

くすりは有効性と安全性がきびしく精査されていますが、副作用のリスクをゼロにすることは難しいのが現状です。なかには、「用法・用量をきちんと守って服用した」にもかかわらず、深刻な副作用が生じることもあります。

くすりの副作用によって、入院が必要など一定以上の健康被害が生じた場合には、法律によって定められた給付金を受け取ることができます。これを医薬品副作用被害救済制度と言います。
くすりの飲み方や状況、くすりの種類によって、救済の対象から除外されるケースもあるので、詳細については独立行政法人医薬品医療機器総合機構のHPでご確認ください。請求書類のダウンロードも可能です。