大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

なるほど!おくすり飲み方ガイド 「こんな症状には気をつけて くすりの副作用」

どんな副作用があるの?

副作用にはさまざまな症状がありますが、ここでは特に起こりやすい副作用を紹介します。くすりを飲んでこのような症状が出たときには、副作用の可能性があるので、医師・歯科医師、薬剤師に相談しましょう。このほかにも副作用にはたくさんの種類があります。いつもと違う症状が見られたら、必ず医師・歯科医師、薬剤師に申告してください。
副作用の症状 【眠気】カゼ薬、抗アレルギー薬、抗不安薬のなかには、眠気を引き起こすくすりがあります。逆に、鎮痛薬やぜんそく薬では眠れない副作用が起こるものもあります。 【下痢・便秘】内服のくすりは腸管で吸収されるので、腸への影響が少なからずあります。特に、便秘や下痢などは、多くのくすりで副作用として挙げられています。 【かゆみ】くすりに対して、皮膚の免疫機能が過剰に反応すると、かゆみを伴うことがあります。副作用としてかゆみを挙げているくすりはいくつかあります。軽い症状の場合もあるのですが、特に、ひどい場合には眠れないこともあるので、程度によっては医師・歯科医師、薬剤師に相談しましょう。 【発疹】くすりを飲んだときに出る発疹は薬疹と呼ばれます。くすりの副作用のなかでも出やすい症状です。薬を飲んでから薬疹が出るまでの時間は、数分から3〜4日とくすりによってかなり差があります。くすりを飲み始めてから数日後に発疹が出た場合も、副作用の疑いがあるので、そのときには医師・歯科医師、薬剤師に相談してください。 【胃の不快感】解熱鎮痛薬、ステロイド剤、抗生物質などのなかには、胃の痛みや不快感を引き起こしやすいくすりがあります。これらの薬が処方される際には、胃粘膜を保護するくすりがいっしょに処方される場合もあるので、処方された用法・用量を守って飲みましょう。 【アナフィラキシーショック】くすりに対する強いアレルギー症状が出て、じんましん、呼吸困難などショック症状を引き起こすことを「アナフィラキシーショック」と言います。生命にかかわる場合もあるので、呼吸が苦しく感じたり、激しい症状が出たときにはすぐに病院を受診し、医師・歯科医師に相談しましょう。