大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

なるほど!おくすり飲み方ガイド 「知ると知らないで大違い くすりの効き方」

くすりは体内でどのように作用しているの

口から飲んだくすりが体内でどのように吸収され、どうやって効果を発揮し、体外に排泄されるかを、飲みぐすりを例に挙げてわかりやすく紹介します。
体内でのくすりの作用 1:口 くすりを飲む(経口薬の場合) 2:腸管 錠剤やカプセル剤が溶けて吸収される 3:小腸 くすりの有効成分は主に腸管の粘膜から血液中に吸収される 4:肝臓 血液中に吸収された有効成分はまず肝臓に送られて一部は代謝される。ごく一部の有効成分は静脈に送られて血液とともに体内を循環する。胆汁とともに体外に排泄されることもある 5:血液 有効成分を全身に運び、患部(作用する部位)で効果を発揮する。有効成分の大部分はふたたび血液中に戻り、全身の臓器や組織に送られたり、肝臓で代謝される 6:尿・便 くすりは尿や便といっしょに体外に排泄されることもある