大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」まずは腹囲をはかろう!

内臓脂肪はおなかに現れる

腹囲の長さが診断基準となる

内臓脂肪がたまっているかどうかは、おなかまわりの長さ(腹囲)で判断されます。男性は85cm以上、女性は90cm以上で、さらに高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ異常が当てはまった場合は、内臓脂肪症候群と診断されます。ただ、女性の基準値が男性よりも大きいのは世界中で我が国だけなので、現在、見直しも検討されています。



腹囲はへそまわりをはかる

おなかまわりというと、ウエストの位置ではかってしまいそうですが、へその高さ、もしくはおなかがいちばん出ている部分をはかってください。両足を軽く開いて立ち、手は自然におろし、息を吐いた状態で、メジャーが床と水平になるようにはかります。自分で正確にはかるのは難しいので、誰かにはかってもらうようにしましょう。食事の直後にはかるのは避けてください。

内臓脂肪症候群の診断基準

【1】内臓脂肪 腹囲【男性】85cm以上
腹囲【女性】90cm以上
【2】高血糖 空腹時血糖値 110mg/dL以上
または HbA1c 5.5%以上
【3】高血圧 収縮期血圧 130mmHg以上
または 拡張期血圧85mmHg以上
【4】脂質異常 中性脂肪 150mg/dL以上
または HDLコレステロール40mg/dL未満

【1】にあてはまり、なおかつ【2】~【4】の2つ以上あてはまると、内臓脂肪症候群と診断される