大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」内臓脂肪症候群ってどんなもの?

内臓脂肪が招くリスク

脂肪にもちゃんとした役割がある

脂肪細胞に大量の中性脂肪をため込み、肥大化して集まったものが脂肪と呼ばれます。これまでは中性脂肪の役割は余分なエネルギーを貯蔵し、エネルギーが不足したときに使うための「エネルギーの貯蔵庫」や、内臓を外部からの刺激から守るためのものと考えられてきました。ところが、最近の研究で、それ以外にも体内の代謝にかかわるホルモンを分泌していることがわかったのです。

内臓脂肪がたまるとサイトカインのバランスが崩れる

内臓脂肪から分泌されるホルモン様物質(サイトカイン)には血管を修復したり、動脈硬化の進行を抑制したり、いい働きをするものと、血圧を上昇させたり、動脈硬化を促進したり、悪い働きをするものがあります。内臓脂肪が多くなるほど、いい働きをするサイトカインの分泌が減り、悪い働きをするサイトカインの分泌が増えます。その結果、代謝異常を起こし、高血圧高血糖脂質異常を併発しやすくなるのです。この状態を内臓脂肪症候群と呼びます。内臓脂肪症候群に陥ると、脳卒中や心筋梗塞を発症するリスクは、学説によりその数字には幅がありますが、健康な人に比べて数倍から数十倍高くなることがわかっています。