大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」あなたの数値は大丈夫ですか?

健康診断の数値をチェックしてみましょう

知らずしらずのうちに陥っている内臓脂肪症候群

高血圧、高血糖、脂質異常は、その初期段階では自覚症状がほとんどありません。症状が出てきたときには、かなり進行して深刻な状況に陥っていることもあります。そんな内臓脂肪症候群をチェックするためには、定期的に健康診断を受け、検査数値をチェックするしかありません。サラリーマンであれば年に1回の健康診断を受けられます。また、会社に所属していない場合は、市町村区が行っている健康診断を年に1回、無料で受けることができます。健康診断を受けていないという人は、自分の健康状態を知ることができるチャンスですから、ぜひ活用してください。

検査数値から自分の状態を知ることが大切

せっかく健康診断を受けても、検査結果をチェックすることなく、それまでと同じ生活を送っている人が多いようです。数値に異常がなければそれでいいのですが、数値に異常がある場合は、検査を受けた意味がありません。検査は病気を早期発見し、治療するために行われています。早期の生活習慣病は、食事など生活習慣を見直すことで改善できます。しかし、そのまま放置していると失明、手足の切断、腎不全、脳卒中、心筋梗塞など深刻な合併症や病気を引き起こしてしまいます。病気を早期に見つけ、症状が進行する前に改善することが大切です。まずは気になる検査数値をチェックしてみましょう。

検査数値をチェックするときの注意点

検査結果にある基準値とは、正常値とは異なることに注意しましょう。健康な人の95%が占める範囲の値が正常値です。残りの5%は数値が多少離れていたとしても異常とは言えません。個人差をはじめ、検査を受けた日の気温や時刻、体調などによって左右されますし、医療機関によって基準値が異なる場合もあります。検査数値を正確に把握するためには、同じ医療機関で定期的に検査を受け、自分の数値の変化をチェックしましょう。正常値であっても、年々数値が上昇していたり、逆に低下していたりする場合は、なんらかの危険信号を示しています。

あなたの評価はどれですか?

以下に健康診断などで一般的な評価を紹介します。C~Eでは医師の指導に従い適切な検査や治療を受けることが大切です。再検査の必要があっても受けない人がいますが、そのまま放置してしまっては健康診断を受けた意味がありません。指示された検査や治療はきちんと受けるようにしましょう。Bであっても安心することなく、生活習慣を見直すようにしてください。

[ A ]
異常はありません
[ B ]
わずかな異常は認められますが、現在は日常生活に支障はありません
[ C ]
わずかに異常が認められ、生活習慣の改善、経過観察を要します
[ D1 ]
再検査が必要です
[ D2 ]
精密検査が必要です
[ E ]
治療が必要です
[ F ]
現在治療中

気になる人は