大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」あなたの数値は大丈夫ですか? 一般的な検査

知っておくと安心「一般的な検査」

白血球数(WBC) 基準値 3500~9700個/μL

白血球は免疫機能の中心を担っていて、体外から侵入してきた細菌やウイルス、異物を排除するはたらきがあります。白血球数が基準値より高い場合は、けがのほか、発熱、気管支炎、肺炎、腎盂腎炎、膀胱炎など、細菌やウイルスによる炎症性疾患が疑われます。白血病、がんなどでも高値となります。低い場合は、再生不良性貧血、肝硬変、急性白血病、膠原病、一部の白血病、ウイルス感染などが疑われます。ただ、白血球数は運動やストレス、喫煙、季節などの影響で一時的に増減することがあります。多少数値が低かったり、高かったりしても、ほかの検査で異常がなく自覚症状もなければ心配はいりません。

血小板数(PLT・PL) 基準値 14万~37.9万個/μL

血小板は血液を凝固させる作用があります。 血小板の数が減ったり、機能が低下すると出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなります。逆に血小板が多すぎると、血栓が生じやすくなります。血小板数が低値の場合は、特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)や再生不良性貧血、白血病、悪性貧血、肝硬変などが疑われます。数値が高い場合では、慢性白血病、多血症(たけつしょう)などが疑われます。血小板数は、測定ごとに変化しやすい数値なので注意が必要です。

赤血球数(RBC) 基準値 438万~577万個/μL

赤血球は呼吸で体内に取り込んだ酸素を全身の細胞に送り届け、細胞発生して不要になった二酸化炭素を受け取って肺に運び、体外に排出させる大切な役割があります。血球数が減ると貧血を起こし、逆に増えると、血液が流れにくくなったり、血管がつまりやすくなったりします。赤血球数が低下する原因で多いのは「鉄欠乏性貧血」で、食事中の鉄分の不足のほか、痔や胃潰瘍などによる消化器出血、胃がん、関節リウマチなどが疑われます。

赤色素量(ヘモグロビン/Hb) 基準値 13.6~18.3 g/dL

ヘモグロビンは赤血球中の鉄とたんぱく質が結びついた赤い色素で、酸素と結合して全身に運ぶ役割があります。貧血の検査でもっとも目安とされる検査です。ヘモグロビンが血液100mL中に何gあるかを調べる検査です。ヘモグロビンが減少すると貧血を起こします。

ヘマトクリット(Ht) 基準値 40.4~51.9%

血液中に含まれる赤血球の割合を示す数値です。赤血球が減るとヘマトクリットも減ります。ヘモグロビンとともに、貧血の検査で目安となります。一方、熱中症などの脱水状態では高値となります。