大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」あなたの数値は大丈夫ですか? 脂質異常検査

脂質異常が気になる人はコチラ

脂質異常症ってどんな病気?

2007年に「高脂血症」から「脂質異常症」という病名に変更されました。血液中の脂質にはコレステロールと中性脂肪があります。脂質異常症の診断基準は、HDLコレステロールが40mg/dL以下、LDLコレステロールが140mg/dL以上、中性脂肪が150mg/dL以上となっています。血液中のHDLコレステロールが低下しすぎたり、LDLコレステロールや中性脂肪が増えすぎたりすると動脈硬化を促進し、脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こします。自覚症状がないので、健康診断などの血液検査で発覚することがほとんどです。

「血中脂質検査」基準値は?

HDLコレステロール(HDL-C)
【男性】40~80 mg/dL、【女性】40~90 mg/dL
LDLコレステロール(LDL-C)
70~139 mg/dL
中性脂肪(TG・トリグリセライド)
50~149 mg/dL

検査項目を見る

脂質異常症と診断されたときは?

食べ過ぎ、高脂質な食事、運動不足などが要因なので、栄養バランスのよい食事をとり、適度な有酸素運動を心がけましょう。LDLコレステロールになりやすいバター、マヨネーズ、魚卵(いくら、うに、たらこなど)を避け、良質な不飽和脂肪酸を多く含む青魚、LDLコレステロールを減らす大豆製品、野菜などをとるようにしましょう。中性脂肪が高い人は糖質を多く含む穀類や果物、アルコール、菓子類を控えるとよいでしょう。