大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

実践健康ナビ −「知識編」あなたの数値は大丈夫ですか? 脂質異常検査

脂質異常が気になる人はコチラ

どんな検査?

HDLコレステロール(HDL-C)

血液中のHDLコレステロール量を調べる検査です。HDLコレステロールは、体内の余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあり、動脈硬化を抑制するため「善玉コレステロール」とも呼ばれています。 一般的に、HDLコレステロール値が高い人は心筋梗塞や脳梗塞などを発症しにくい傾向があります。低すぎる場合には脂質異常症と診断されます。HDLコレステロール値は肥満、運動不足、糖尿病、喫煙などの影響で低下します。

コレステロール(LDL-C)

血液中のLDLコレステロール量を調べる検査です。LDLコレステロールは体内の細胞にコレステロールを運んでいますが、血液中に増えすぎると血管壁に沈着して動脈硬化を引き起こします。「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。 LDLコレステロール値が高いほど動脈硬化が進行しやすく、脂質異常症と診断されます。LDLコレステロール値は高脂質な食事、過度なストレス、喫煙などで上昇します。

中性脂肪(TG・トリグリセライド)

血液中の中性脂肪量を調べる検査です。脂肪酸とグリセリンが結びついたもので、エネルギーとして使われなかった糖質が肝臓でつくりかえられたものなどがあります。エネルギーが不足したときのために、脂肪細胞に蓄積されます。血液中の中性脂肪値が高い状態が続くと、動脈硬化が発症しやすく、その進行が速まります。また、脂肪肝になりやすく、少数ですが肝硬変にいたる例も報告されています。飲みすぎが続くと血液中の中性脂肪値が高くなります。