大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

腰痛をもたらす疾患

腰痛をもたらす疾患には多くの種類と名称があります。特有の症状もなく、椎間板(ついかんばん)の変性や骨の変形がみられない腰痛は「腰痛症(ようつうしょう)」といいますが、ここでは、明らかな症状あるいは椎間板や骨に変化があり、かつ私たちにも身近な疾患をご紹介します。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

老化により骨棘(こっきょく)が形成され、変形したり、椎骨がずれたりすると、神経を通している脊柱管が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症という状態をもたらす。高齢者の腰痛の原因は、この脊柱管の狭窄による場合が多くあります。

間欠跛行

しばらく歩いていると、脊椎に負荷がかかり、神経が圧迫され、足腰に痛みやしびれを感じて歩きにくくなったり、歩けなくなったりするが、しゃがんで休憩したり、前かがみになったりすることにより、神経の圧迫が解放されるような姿勢で休憩すると、また歩けるようになる。 足の血管の異常によっても同じ症状が出ることがあるが、「姿勢を変えると楽になる」「自転車には乗り続けられる」というのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。

急性腰椎症(ぎっくり腰)

急性腰椎症(ぎっくり腰)

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げる、腰をひねるといった急な動作によって、腰部に急激な痛みを感じ動けなくなるもの。腰椎(ようつい)の椎間関節(ついかんかんせつ)や椎間板に無理な力が加わり、組織が傷ついて痛みを起こすもので、短期間の安静が何よりの治療法。

腰椎(部)椎間板ヘルニア

腰椎(部)椎間板ヘルニア

椎間板のクッション機能が低下したところへ、急性・慢性の負担が腰にかかることで線維輪(せんいりん)に亀裂が入り、内部の髄核(ずいかく)が裂け目から飛び出したもの。ヘルニアによって足に向かう神経根(しんけいこん)や馬尾(ばび)が圧迫されるため、急激な腰の痛みや片方の足にしびれや痛みが起こるのが特徴。椎間板の老化は20歳代から始まり、20~40歳代に多く発症する。

変形性脊椎症(腰部脊椎症)

変形性脊椎症(腰部脊椎症)

年をとることによって椎間板も老化する。弾力がなくなり、本来のクッション作用が失われると、椎間関節や周囲の組織にも影響が及ぶ(=変性)。 変性により、椎体のふちや椎間関節に負荷がかかり、やがて骨棘を形成する。この骨棘が神経を圧迫することで、さまざまな症状を起こす。

このほかにも、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を原因とする骨折、細菌感染による炎症、ガンなどの腫瘍(しゅよう)の転移、腎臓などの腹部内臓の異常、婦人科疾患、ストレスなどが原因で腰痛になることもあります。