大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

[胸やけがひどい] 「胃食道逆流症(GERD)」の原因と症状

「胃食道逆流症」の原因

胃食道逆流症の原因は、現在のところ明確になっていませんが、精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスが原因といわれており、そうした緊張状態が食道のさまざまな機能に影響を与え、逆流症状を起こしているのではないか、と考えられています。

下部食道括約筋の機能低下

食道と胃の間には、胃の内容物が逆流するのを防ぐ括約筋があって、飲み込んだ食べ物やげっぷが出るときにのみ通過できるようになっています。その括約筋の機能が低下(弛緩)していると、逆流が起こりやすくなります。脂っこいものを食べたり、一度に大量に食べたりすると括約筋が弛緩しやすくなるため、宴会でたくさん食べたりしたあとなどに胸やけの症状が起こりやすくなるのです。

胃酸過多

胃の中の胃酸が過剰に出てしまい、げっぷなどの刺激とともに食道内に逆流することによって起こります。肉をよく食し、酸分泌能力の高い欧米人によく見られましたが、日本人も食生活の欧米化による脂肪摂取量の増加などで多く見られるようになってきました。

食道の知覚過敏

食道が酸を特に感じやすくなっている、いわゆる知覚過敏によって症状を訴える例も報告されています。粘膜障害が認められないのにもかかわらず、胸やけを訴えるのは少ない胃酸に対して食道が敏感になっているためというわけです。

その他

酸以外を原因とする胸やけもあます。たとえば胃を全部摘出した方が強い胸やけを訴えるケースなどは、胃食道逆流症が酸だけではなく食道機能に異常が起こっていることを示す例です。

「胃食道逆流症」の症状

主に以下の2つの症状に分類されます。

定型症状<食道付近で起こる症状>

  • 胸やけがする
  • げっぷがでる
  • 胸の痛みがある
  • 胸のつかえ感や異物感がある

非定型症状<食道外で起こる症状>

  • 声がかすれる
  • のどのあたりに違和感がある
  • 中耳炎
  • ぜんそくに似た咳が出る
  • 胸のあたりが痛む
  • 虫歯
  • 歯ぎしり
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 前へ
  • 次へ