大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

[胸やけがひどい]その胸やけ、もしかしたら 「胃食道逆流症(GERD)」かもしれません。

胃酸などが食道に逆流することによって起こると考えられている「胸やけ」。
内視鏡で食道粘膜に炎症が見られる場合は、「逆流性食道炎」と診断されますが、内視鏡で見ても正常なのに胸やけがあるというケースが増えてきており、炎症があるなしにかかわらず、これらの症状を総じて「胃食道逆流症」と呼んでいます。

「胃食道逆流症」とは?

「胃食道逆流症(GERD: Gastro Esophageal Reflux Disease)」は、胃酸などの胃の内容物が食道内に逆流することで起こる病態を総称した疾患名です。簡単にいうと「胸やけ」といわれる症状すべてをそう呼びます。内視鏡検査で粘膜障害が認められる「逆流性食道炎」もこの中に含まれます。

近年注目されているのは、「胸やけがあるが内視鏡検査では異常が見つからない」ケースで、「非びらん性胃食道逆流症」と呼ばれます。びらんはただれを表す言葉で、ただれていないのに逆流性食道炎の症状を示すもの、という意味です。

なぜ注目されているかというと、胸やけを訴える患者さんの60~70%がこの「非びらん性胃食道逆流症」ではないかと考えられているからです。また、逆流性食道炎と同様に食事がおいしくない、仕事や勉強に集中できないなど、日常生活に支障が出ていることも注目される要因になっています。

  • 次へ