大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

[胃のもたれや痛みがつづく]「機能性胃腸症(FD)」の原因と症状

「機能性胃腸症」の原因

機能性胃腸症の原因は、現在のところ明確になっていませんが、精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスが原因といわれており、そうした緊張状態が胃のさまざまな機能に影響を与え、意のもたれや痛みを起こしているのではないか、と考えられています。

早期膨満感(すぐにおなかいっぱいになる)

胃の拡張機能が低下した状態です。

胃のもたれ

胃の収縮機能が低下した状態です。

胃の痛み

胃の知覚障害(知覚過敏)によって起こります。

「機能性胃腸症」の症状

世界の医師たちで構成されるローマ委員会によって、機能性胃腸症は次の2つの症状に分類されています。

食後愁訴症候群<食後に起こるもたれ感を中心としたタイプ>

  • 胃もたれ感がある
  • 食事をしてもすぐに満腹になる
    (早期膨満感)
  • ※愁訴(しゅうそ)は患者の訴えの意

心窩部痛症候群<胸から上腹部に痛みを感じるタイプ>

  • 心窩部に痛みを感じる
  • 心窩部にやけるような感じがある
  • ※心窩(しんか)部はみぞおちのこと
  • 前へ
  • 次へ