大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

[お通じがスッキリしない]「機能性便秘」のチェックと治療

「機能性便秘」のチェック

機能性便秘は、排便時の状態でチェックできます。
下記の5つの項目に当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみましょう。

  1. いきまずにスッキリ排便した
  2. ややいきんだが、残便感はない
  3. いきんだが、残便感はない
  4. いきんだが、残便感が残る
  5. かなりいきんだが、残便感があり不快を感じる

4.または5.に当てはまる方は「機能性便秘」が疑われますので、病院でご相談ください。

「機能性便秘」の治療

機能性便秘の治療は、食生活を含む生活習慣の改善を中心に行ないます。ただし、生活習慣を改善しても便秘の症状が良くならない場合は、薬物による治療を行ないます。自分の判断でお薬を飲んだりせず、お医者さんに相談しましょう。

生活習慣の改善

さまざまな病気と同様、機能性便秘も生活習慣の改善が大切です。

  • 規則正しい生活を

    規則正しい生活を
  • 適度な運動を心掛けて

    適度な運動を心掛けて
  • ストレスをためない

    ストレスをためない
  • 食生活を改善

    食生活を改善

薬物治療

生活習慣を改善しても、便秘の症状が良くならない場合は、薬による治療を行います。
市販のお薬のほか、病院で処方してもらうお薬による治療があります。

病院で処方されるお薬(抜粋)

種類 作用 主なお薬
塩類下剤
(えんるいげざい)
腸の中の水分の再吸収を防ぎ、腸の内容物をやわらかくし、増大させることで蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にします 酸化マグネシウムなど
刺激性下剤
(しげきせいげざい)
腸の粘膜を刺激して、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にします センノシド/ピコスルファートナトリウムなど
膨張性下剤
(ぼうちょうせいげざい)
十分な水分とともに服用すると腸で膨張するため、便の量を増やし、腸を刺激して排便させます。 カルメロースナトリウムなど
消化管運動機能改善剤
(しょうかかんうんどうきのうかいぜんざい)
腸の運動機能が低下したり過剰になりすぎているとき、それを正常な状態に近づける作用をもったくすりです。s クエン酸モサプリドなど
その他、
浸潤性下剤(しんじゅんせいげざい)、糖類下剤(とうるいげざい)などがあります

便秘は、それだけでは命にかかわらないことが多いため軽く考えられがちですが、大腸がんなどの症状である場合もあり、注意が必要です。症状が良くならないときは、お医者さんに相談しましょう。

  • 前へ

他に気になる症状はありませか?

  • 胸やけがひどい
  • 胃のもたれや痛みがつづく