大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

パーキンソン病ステーション 患者さんとそのご家族、介助者の方へ

持久力を
つけるために

監修 埼玉県総合リハビリテーションセンター 副センター長(神経内科)
市川忠先生
理学療法科 主任 理学療法士 笠井健治先生

2. 床を使って行う運動の組み合わせ

疲れにくい体を作るには持久力をつけることが大切です。
ここではバランスをとる運動の組み合わせを紹介します。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

  • 1

    仰向けに寝て膝を立てます。腕は胸の前で組んでください。足と膝は握りこぶし1個分あけましょう。

  • 2

    体が一直線になるように腰を上げます。そのままの姿勢を2秒維持しましょう。

    ゆっくりと腰を戻してください。この動きをゆっくりと5回繰り返してください。

  • 3

    両手・両膝をついて四つん這いになり、右手と左足を伸ばします。右手と左足を真っ直ぐ伸ばしたまま、10秒維持しましょう。

    ゆっくりと右手と左膝を戻して床につけてください。

  • 3

    左手と右足を伸ばします。真っ直ぐ伸ばしたまま同じく10秒維持しましょう。

    ゆっくりと左手と右膝を戻して床につけてください。

    この動きは左右交互にゆっくりと3回ずつ繰り返してください。

運動のポイントを動画で紹介していますので、ぜひご覧ください。

動画を見る